ここから本文です

山口、外から見たUAE戦の守備を振り返る「もう少しうまくいけたなと思う」

フットボールチャンネル 9/2(金) 14:43配信

 ロシアW杯アジア最終予選のUAE戦から一夜明けた2日、日本代表は練習を行った。

 UAE戦は出場機会がなかった山口蛍。チームは逆転負けと痛い敗戦を喫したが、「切り替えてやるしかない」と次節のタイ戦に目を向けた。

【写真で振り返るハリルホジッチ監督のキャリア】

 UAEは鋭いカウンターを見せたが、そうした相手の強みは昨年のアジアカップの時からわかっていたことだ。

「一発で行かれて起点を作られてというのが結構あった。キープしているところをファウルして、FKで相手のチャンスになる。(UAEは)それしかなかったなと思う」

 だからこそ要所を締める守りが必要だった。「もう少しうまくいけたなと思うし、もうちょっと予測があれば、センターバックももっと早めにつぶせたかもしれない。ボランチももっと早くサンドしにいけたかなと」。山口は試合を見ながらそう感じたという。

 レフェリーの判定に泣かされた面もあった試合だが、山口はジャッジを気にしながらプレーすることはないと話す。

「自分はあまりレフェリーに合わせるつもりはないし、予測だったり、インターセプトで取れる場面も多くなってくるかもしれない。そういうところでもっと違いを見せるしかないと思うので、自分のボールの取り方のスタンスを変えることは特にはない」

 次のタイ戦は勝利が求められる。UAEより力は落ちるかもしれないが、アウェイに乗り込むのだから油断は禁物。レフェリーのジャッジに惑わされない山口のファイトも、今のチームに必要な要素かもしれない。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 14:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。