ここから本文です

原口、UAE戦は積極的にゴール前へ顔出すも「こぼれ球を拾った方が賢かったかなと思う」

フットボールチャンネル 9/2(金) 15:27配信

 ロシアW杯アジア最終予選のUAE戦から一夜明けた2日、日本代表は練習を行った。

 本来はアタッカーで、サイドからの切れのある突破が武器の原口元気。だが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督のチームではボランチなど中央でプレーする機会が多い。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 UAE戦も後半途中からピッチに立つと、ボールを散らし、時にはバイタルエリアへ侵入した。「今、ああいう位置で考えられているので、毎日毎日が練習だと思う。普段チームでできてない分、こういうところでいろいろ吸収しないといけないので、1日1日を無駄にできない」と必死に取り組んでいる。

 日本にとってはゴールの欲しい時間帯での投入とあって「リスクを負ってもいいと言われていた」と明かす。だが次節以降、先発で出場するなら「もっと考えてプレーしなきゃいけない」と話した。

 バイタルエリアに入っていく場面もあったが、原口はこう振り返る。

「もしかしたら2列目で待ってこぼれ球を拾った方が賢かったかなと思う。そこは監督がどういうとかじゃなく、自分のセンスというか、読みの部分。感覚を研ぎ澄ますしかないというか、そういう部分がすごく大事になってくるなと」

 初戦を落としたことでいきなり苦しくなったハリルジャパン。だが「危機感を持ちながらも、このプレッシャーに打ち勝つメンタリティを持った選手が、日本代表にはいると思っている。(自分も)その1人になりたいし、もう1回チームでやれば、必ずいい結果は出ると思う」と仲間への信頼を口にした。

 アジアの国々も成長を続けているが「どう考えても技術的には日本が負ける部分はないと思う」と原口。そして、勝負を分けるのは「気持ちの部分とかずる賢さ。だとしたら相手以上の気持ちを見せて、球際とか、走ることとか、そういうのにこだわってやっていければ、必ず勝てると思う」と力を込めた。タイ戦はハリルジャパンの気持ちが試される試合となる。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 15:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革