ここから本文です

「イグアインのユーベ移籍はフィーゴのレアル移籍と同じ」GKレイナが“禁断の移籍”を糾弾

フットボールチャンネル 9/2(金) 17:00配信

 今夏イタリアに衝撃を与えたゴンサロ・イグアインのユベントス移籍を、元同僚であるナポリのGKホセ・マヌエル・レイナが糾弾した。スペイン『オンダ・ゼロ』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 2013年にマドリーからナポリに加入したイグアインは、エースストライカーとして3年間にわたりゴールを量産。特に昨シーズンはセリエAで年間36ゴールを叩き出し、1シーズンの得点記録を66年ぶりに更新してみせた。

 ナポリにとって絶対的なエースだったが、この夏には巨額の移籍金でリーグ王者ユベントスに引き抜かれることになった。ナポリからユベントスへの移籍はスポーツの上でのライバル関係にとどまらず、イタリアの南北問題にも関連する「禁断の移籍」であり、ナポリファンは激しく怒りをあらわにしている。

 レイナは母国スペインのラジオ『オンダ・セロ』によるインタビューで、その衝撃の大きさについて語った。「ナポリファンにとって、イグアインの放出を受け入れるのは難しかった。フィーゴのバルセロナからマドリーへの移籍に比較できるものだ」と述べている。

 1990年代後半にバルセロナの中心選手として活躍した元ポルトガル代表のフィーゴ氏は、バロンドールを受賞した2000年にマドリーへと移籍。世界最高クラスの選手のライバルクラブへの移籍は大きな騒動を巻き起こし、フィーゴ氏は「裏切り者」「守銭奴」としてバルササポーターからの深い恨みを買うことになった。

 ナポリ市民から大きな怒りを買ったイグアイン。今季のユベントス対ナポリは例年以上に大きな注目を浴びることになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 17:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。