ここから本文です

「ユーベに行く運命だったが…」。ベルギーMF、破談になった移籍を振り返る

フットボールチャンネル 9/2(金) 22:12配信

 ユベントスへの移籍が土壇場で破談に終わったロシアの強豪ゼニトに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが、現在の心境を語った。2日にベルギーメディア『RTBF』が報じている。

 ユベントスへの移籍がほぼ決まっていたヴィツェルだが、夏季移籍市場が閉まる直前に取引が破談したことにより急遽移籍が白紙に戻された。そのことについて同選手は、「本当に受け入れることが難しい状況だった」と当時の心境を語っている。

 ヴィツェルは、「ユベントスにはもう一度感謝の気持ちを伝えなければいけないね。僕のために最後まで全力を注いでくれた」と本気で獲得に乗り出していた同クラブに感謝する反面、「僕が今季で契約が切れることを知っていながら2500万ユーロ(約29億円)のオファーを断ったゼニトの決断には残念でならない」と所属クラブへの失望感を露わにした。

「ゼニトはメディカルチェックを受けさせるために僕をユベントスへ向かわせたんだ。メディカルチェックをパスしてから、僕はすでに新たな冒険について考えていたよ」

「だけど、こういったことはサッカーではよくあることだね。ここで落ち込んでいるわけにはいかない。これは人生だからね。僕の運命はユベントスでプレーすることだったんだけど、今年はその可能性がなくなったよ。来年にどうなるか様子を見よう」

 ユベントスの本部にいた12時間もの間に来季にフリーで加入することで個人合意したかどうかについて尋ねられると、「いいや、まだだよ。僕には守るべき契約があるからね」と返答すると、「僕の契約が切れてからまた考えよう」とだけ答えている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 22:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。