ここから本文です

バグった刺繍が新しい! Nukemeコラボの『うる星やつら』グッズが発売

ダ・ヴィンチニュース 9/2(金) 17:30配信

 ニュースサイト・ナタリーが運営するWEBショップ・ナタリーストアが、9月1日(木)よりファッションデザイナーNukemeとコラボレーションした『うる星やつら』グッズの販売を開始した。

今回の商品は、Nukemeの代表する手法である、ミシン針の作動データに細工をして刺繍される絵に独特のブレをかける「グリッチ刺繍」が使われている。
ゲームの起動ミスや初期不良などで画面表示のブレやノイズが起こった際に表される「バグった」ようなこの表現は、ラムちゃんの電撃シーンを彷彿とさせ作品と非常にマッチしている。

商品限定数に達し次第終了。色あせない名作と新進気鋭デザイナーのコラボという事もあり、売り切れ必至だ。

【デザイナーNukeme プロフィール】
1986年生まれ、東京在住。洋服を根本的なメディアでありコミュニケーションツールであると捉え、洋服を支持体とした作品を主に制作する。他分野の作家との共同制作による作品が多い。ミシンの作動データにグリッチを発生させる『グリッチ刺繍』が2012 年に第16 回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品に選出。同作品でARS ELECTRONICA 2013 に出展、作品展示とワークショップを行った。

http://nukeme.nu/
http://nukeme.thebase.in/

詳しい商品情報と販売スケジュール等はナタリーストアにて
http://store.natalie.mu/html/page116.html

最終更新:9/2(金) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。