ここから本文です

【日本代表】ほろ苦のA代表デビューとなった大島。PK献上の場面はなぜ止めきれなかったか?

SOCCER DIGEST Web 9/2(金) 0:12配信

最終予選での大抜擢には「そこまで緊張はしませんでした」。

  9月1日、日本代表はロシアワールドカップのアジア最終予選の初戦で、UAEと対戦し、1-2で敗れた。
 
 この試合で、A代表デビューを果たしたのが、先のリオ五輪で評価を高めた大島僚太だ。ただでさえプレッシャーのかかる最終予選での大抜擢。相当な重圧がかかると予想されたが、ピッチへ足を踏み入れた瞬間の大島の表情は落ち着いていた。その点は本人も「(周囲が)ポジティブな声をかけてくれたので、そこまで緊張はしませんでした」と振り返る。

【日本1-2UAE|採点&寸評】岡崎は点取り屋として落第点。香川も怖さを与えられず


 
 背番号7は的確にパスをつなぎ、リズムを作るなど序盤は上々のデビュー戦になる気配を感じさせた。しかし、18分にパスを奪われてカウンターを受けると、直後のFKで同点弾を奪われてしまう。そして、54分にはPA内に侵入してきた相手を倒し、逆転弾となるPKを献上してしまった。
 
「(1失点目のシーンは)横パスを奪われてFKになり、失点してしまいました。PKのシーンは僕と(香川)真司くんとふたりで行ったので、あそこはなんとか止めなくてはいけなかったです」
 
 悔しさを滲ませながらこう語る。ただ、PKのシーンでは些細な接触でも笛を吹くレフェリーの特長を感じていたからこそ、激しく行きすぎることへの躊躇いがあったという。
 
「結果が出てしまったのでしょうがないですが、その前の時点で止めなくてはいけなかったです。強く行き切れない部分はありました。ただ、そこはお互い様。危険なエリアに入らせる前に取らないといけなかった」
 
 残念な結果に終わってしまったが、それでもすでに気持ちは前を向いている。
 
「パスがずれた部分がありましたが、動かず待っていてもらった方が良い場合もありましたし、味方は裏を狙いたいという気持ちもあると思うので、そこは擦り合わせが必要だと思います」
 
 最終予選の第2戦、アウェーでのタイ戦は9月6日に迫っている。日本の新たな司令塔候補がこの経験を糧にさらなる成長を見せてくれることに期待したい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
 

最終更新:9/2(金) 13:33

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革