ここから本文です

金田喜稔がUAE戦を斬る!「サイドをなぜ上手く使えなかったのか、疑問が残る敗戦だ」

SOCCER DIGEST Web 9/2(金) 0:27配信

「まるでザックジャパン時代に戻ったようだった」

 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選の初戦、UAE戦は勝利が絶対条件の試合だった。それだけに残念しか言葉が出てこない。日本は相手にかなり分析されていたと思う。中央でショートパスをつないでシュートを狙う。だが、相手の選手は一切飛び込んでこなかったうえに、シュートコースにはしっかり身体を寄せていた。

「どうしてタイであんな選手が…」元代表・青山直晃が日本に警戒を呼び掛ける絶対的エースとは?…


 
 序盤で特長を掴まれていると感じたが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も選手たちも試合を進めながら素早く修正を施さなければいけなかった。それに、両SBの酒井宏樹と酒井高徳が攻め上がった時に、なぜそこを上手く使えなかったのか疑問だね。
 
 日本は、UAEが守備を固めている中央でボールを動かすだけだから、相手の身体の向きを変えられない。つまりはDFの視野の中でしかプレーしていなかったことになる。これでは相手はすぐに慣れてしまう。日本はUAEにディフェンスリズムを作らせる手伝いをしてしまったんだ。
 
 本田圭佑や清武弘嗣にボールが渡った時に、攻撃参加した両SBにサイドチェンジしてピッチの幅を広く使う。そういったボールの散らしが必要だった。一発でクロスを上げなくてもいいんだ。それなら再びサイドを変えて、相手を左右に揺さぶって、走らせて、首を振らせて、身体の向きを変えさせる。そこまでするから、中央突破はより効果的になる。
 
 サイドと中央の、連動したコンビネーションが見られなかったのが、今日のゲームの課題だろう。もっともっと徹底してサイドを使うべきだった。そうしないとディフェンスにギャップは生まれない。どちらかだけでは不十分。相手は守備に人数を割いた分厚い守備をどう破るかって話になるんだよ。
 
 まるでザックジャパン時代に戻ったようだった。自分たちのサッカーに固執し過ぎて、ボールを回しているのでなく、回させられている。W酒井を上手に使えなかったのは、信用していないからだろうか。もし内田篤人や長友佑都があのポジションにいたら、シンプルにパスしていたんじゃないかな。

1/2ページ

最終更新:9/4(日) 18:26

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。