ここから本文です

【日本代表】“幻のゴール”に本田圭佑が抗議も覆らず…「真横で見ていたので入ったのはわかっていた」

SOCCER DIGEST Web 9/2(金) 12:00配信

「簡単にいかない試合が多くなるのを分かっているうえで、判定レベルの改善を求めたい」(本田)。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-2 UAE/9月1日/埼玉スタジアム

 UAEとのロシアワールドカップ・アジア最終予選で逆転負けを喫した日本は、判定にも泣かされた。
 
 1点ビハインドで迎えた76分には、浅野拓磨のシュートがゴールラインを割ったかに見えたものの、判定はノーゴール。ゴール前で日本の選手が倒されても笛がならず、この試合を通じて審判のジャッジは、UAE寄りに傾いていたようにも見えた。
 
 先制点を決めた本田圭佑は、浅野のゴールが“幻”となった場面について、「判定が覆るチャンスがあるかなと思って(審判には)言いました。真横で見ていて入ったのが分かっていたのでね。でも今からは覆らないので、どうこう言うつもりはない」とコメント。
 
 続けて、「第4審判がなぜいないのか。すぐに探したんですけど、ラインズマンしかいない。そこにまず疑問を感じた。もちろん、それ抜きでも勝たなきゃいけないですけど、アジアの国はどこも強くなってきている。簡単にいかない試合が多くなるのを分かっているうえで、そういうところのレベルの改善を求めたい」と訴えた。
 

最終更新:9/2(金) 12:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。