ここから本文です

【日本代表】敗因は誤審ではない? 本田が口にした「勝負弱さ」が意味するものとは?

SOCCER DIGEST Web 9/2(金) 7:00配信

「今日は力不足です。UAEを褒めたいと思います」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-2 UAE/9月1日/埼玉スタジアム
 
 ワールドカップのアジア最終予選で、UAEを相手にいきなり黒星。これは、本田にとっても想定外の結果だった。
 

【W杯最終予選PHOTO】日本 1-2 UAE|本田の先制ゴールも痛恨の逆転負け…


「難しい試合になるとは言いましたけど、もちろん負けるつもりで言ったわけではない。勝つ前提で、あくまでも自分たちが油断しないように言っていた部分があるので、当然ながら、まったく想定していなかった結果。それは残念です」
 
 いくつかの誤審があったとはいえ、負けは負けである。本田に言わせれば、敗因のひとつは「勝負弱さ」にあった。
 
「勝負弱かったですね、今日は。どういう内容でも勝ち切らないといけないと、僕は思っている。それがこういう形で負けてしまうというのは……。数値上はたぶん良い戦力だと思います。今の日本代表は。戦い方とかを話す以前にたぶん根本的な気合いみたいな、根性みたいな、一歩危ないところに足を出して潰すとか、そんな負けず嫌いみたいなものが90分のなかで求められる」
 
 本田はあくまでに冷静に言葉を継ぐ。
 
「上手くはまった時は、UAEに大差で勝てることもある。でも、UAEが僕らに大差で勝つことはないと思うんですよね。でも、こうやって大事な試合で先制までしたのに、セットプレーで2失点というのは、数値では測れない、まさしく勝負強さが足りないのかなと。勝負に慣れているかどうか、厳しいことを経験したかどうかとか、そんな積み重ねの集合体だと思うんですよ。
 
UAEの選手たちはおそらくそうした経験をしている選手が多くなってきたのかなと。日本代表の選手がそこに負けたという結果の表われ。受け入れがたいけど、受け入れるしかない状況ですよね」
 
 浅野のシュートについて言及しながらも、本田は最後にきっぱりとこう言った。
 
「今日は力不足です。UAEを褒めたいと思います」
 
 

最終更新:9/2(金) 7:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。