ここから本文です

【韓国メディアの視点】衝撃の"敗戦・誤審"に韓国も騒然。一方で欧州組の衰えを指摘する声も

SOCCER DIGEST Web 9/2(金) 17:00配信

「日本が負けたらしいが、本当か!?」。中国戦後の記者会見を待つ間、韓国記者たちの話題は日本の敗戦で持ちきりだった。

 ソウル・ワールドカップスタジアムで行なわれたロシア・ワールドカップアジア最終予選グループBの韓国対中国。試合終了後の両国監督の記者会見の開始を待つ間、韓国記者たちの話題はグループAの日本対UAE戦のことで持ちきりだった。「日本が負けたらしいが、本当か!?」と尋ねて来るものもいたほどだった。
 
 そうした反応は各メディアの速報記事のタイトルにも表れていた。「日本、ホームでUAEに1-2の痛い逆転負け」(一般紙『ソウル経済』)、「本田が先制ゴールの日本、UAEに逆転負け」(ネット媒体『OSEN』)。各メディアが日本の敗北に驚きを隠せなかった。
 
「岡崎慎司、本田圭祐、香川真司、長谷部誠など最精鋭メンバーで臨みホームで勝利するという意地を示すはずだった」としたのは、『エクススポーツ』だ。欧州組を多数揃えた布陣でも黒星を喫してしまった日本を、同メディアは「逆転負けの日本、最終予選で不安な出発」と紹介した。
 
「日本がホームで衝撃的な逆転負けを喫した」としたのは、サッカー専門メディアの『インターフットボール』だ。「“最精鋭の日本”、UAEに1-2の衝撃負け、不安な出発」と題した記事の中でこう綴っている。
 
「試合は明らかに日本が主導した。日本は60パーセント以上のボール占有率があり、シュートもまた一方的に多かった。しかし、UAEの守備は堅く、日本はそれを崩せなかった」
 
 そんなまさかの展開に苦言を呈した日本のサポーターやネットユーザーたちの反応を拾った記事もいつかの媒体で報じられている。
 
『金鋼日報』は「日本、UAEにホームで逆転負け、日本本土に“衝撃と憤怒”」と題した記事の中で、日本のネットユーザーたちの反応を詳しく紹介。「この日の試合を見た日本のファンたちは、日本代表に非難の矢を注いでいる。特に香川真司がもっとも論乱の対象になっている」とした。
 
『デイリーアン』などは「UAEに逆転負けの日本、世代交代への弾力となるか」という記事の中で、こんな予想もしている。

「どうしてタイであんな選手が…」元代表・青山直晃が日本に警戒を呼び掛ける絶対的エースとは?

1/2ページ

最終更新:9/4(日) 18:24

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。