ここから本文です

【日本代表】怒りのハリル、ついに“一線を越える”

SOCCER DIGEST Web 9/2(金) 16:32配信

“中東の笛”に怒りが収まらず、タッチラインを越えて…。

 ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選の初陣、UAEとの一戦は、本田のゴールで先制するも、セットプレー2発で逆転負け。悔しい結果に終わった。

【W杯最終予選PHOTO】日本 1-2 UAE|本田の先制ゴールも痛恨の逆転負け…


 
 この試合の笛を吹いたのは、カタール人のアブドゥルラフマン・アルジャシム氏。完全にラインを越えている浅野のゴールが認められないなど、日本が不利となる“中東の笛”に、ハリルホジッチ監督も怒りが収まらなかったようだ。
 
 後半も半ば過ぎになると、抗議の意味もあってか、タッチラインを越えてピッチの中に。この行為に対し、さすがのアルジャシム主審も厳重注意。幸いにも退席は免れ、最後まで指揮を執ったが、試合後はショックのあまり、ハリルホジッチ監督はしばらくベンチから立つことができなかった。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト写真部)
 

最終更新:9/2(金) 16:46

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。