ここから本文です

「不可解なジャッジ」に口を閉ざす吉田が提示する根本的な改善点

SOCCER DIGEST Web 9/2(金) 19:11配信

「もう少しカウンターを食らわない攻撃の仕方をしないと、前線の余力もなくなる」

【ロシアW杯アジア最終予選】日本 1-2 UAE/9月1日/埼玉スタジアム2002
 
 吉田麻也はまたしても失点に絡んでしまった。
 
 18分、A代表デビュー戦となった大島僚太のパスが弱くなったところをUAEに狙われる。吉田はなんとかゴール前まで戻ってカウンターを食い止めるも、相手を倒してしまい、同点弾につながるFKを献上。たしかに、吉田の右手がFWアリ・アハメド・マブフードの身体に触れたようにも見えるが、決してイエローカードが提示される悪質なプレーではなかったはずだ(引っ掛けたように見えた足は、相手に当たっていない)。
 
 この日は他にも、大島がPKを献上した54分、宇佐美貴史がペナルティエリア内で倒されながらPKをもらえなかった67分、浅野拓磨のシュートがノーゴールと判定された77分と“疑惑の判定”が続き、試合後のミックスゾーン(取材エリア)でも、その話題が大半を占めた。
 
「ジャッジに関して? 不思議なことだらけですよ。(浅野のシュートは)明らかにゴールだと思うし、笛も前半からかなり向こう寄りだった。僕がFKを取られた場面も、相手の動き出しにはしっかり対応できていたかなと。ファウルもほとんど触っていない状況だったし、絶対にイエローカードではない。不可解すぎて発言する気にもなれません」
 
 レフェリングの質に思うところがありながらも、核心はグッと言葉を呑み込んだ。

【W杯最終予選PHOTO】日本 1-2 UAE|本田の先制ゴールも痛恨の逆転負け…

 今年に入って、吉田が失点に絡むシーンが増えている。ただ、そのほとんどがカウンターを食らってのもので、 責任の所在は彼だけにとどまらない。吉田は自分たちの足もとへと目線を向け、守備の対応だけでなく、攻撃も工夫しなければいけないと分析する。
 
「キリンカップでも先制した後にすぐ失点してしまうシーンがあったので、点を取った後に守備を締め直して、また自分たちのリズムを取り戻したいとは意識していた。ただ、(失点は)中盤での取られ方が良くなかったし、ファウルじゃなくても止められたと思います」
 
「もう少しカウンターを食らわない攻撃の仕方をしないと。毎回、攻撃をしてカウンターを食らって、攻撃をしてカウンターを食らってでは、アップダウンがかなり激しくなって、前線の選手の余力もなくなってくる。逆に高い位置で何度もボールを奪って厚みを出すことができれば、攻撃陣も余裕が生まれて、もっと質の高い攻撃ができるはず」
 
 大事な最終予選初戦を落とし、日本は「正直、かなり追い込まれた」(吉田)。しかし、ワールドカップ出場権を手にするためには、残り9試合で取り返していくしかない。吉田には、これまで以上に“最後の砦”としての働きが求められる。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:9/4(日) 1:52

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。