ここから本文です

移籍目前でローマ行きが破談したウィルシェア。ボーンマス加入の舞台裏とは

SOCCER DIGEST Web 9/2(金) 19:12配信

イタリア出発への荷造りも済ませていたが…。

 8月31日(現地時間)、欧州の夏の移籍マーケットが閉じた。その市場最終日に、アーセナルからボーンマスへとレンタル移籍をしたのはジャック・ウィルシェアだ。
 
 アーセナルの生え抜きのウィルシェアは、優れた攻撃センスを有しながら怪我が多く、出場機会に恵まれず、今夏は出場機会を求めてレンタル移籍を検討。アーセナルも移籍市場の終盤にこれを容認した。
 
 そんな“ガラスの天才”には、国内外の20以上のクラブからオファーが舞い込み、なかでも、セリエAのローマとは合意寸前にまで達していたという。
 
 しかし、そこに待ったをかけたのがアーセナルだったと英紙『Daily Mail』が報じている。
 
 同紙によれば、ウィルシェアは自身のキャリア再生に繋がるとローマ移籍への準備を進め、イタリアに向けて荷造りも終わらせていたという。
 
 しかし、土壇場でボーンマスがアーセナルに対して、レンタル料200万ポンド(約2億8000万円)を提示し、ウィルシェアとも週給8万ポンド(約1120万円)で合意。ローマがボーンマスを上回る金額を提示できなかったため、イタリア行きは破談に終わったのだ。
 
 ウィルシェアは9月1日(現地時間)にボーンマスの練習に参加し、「僕はクラブが成功を収めるために監督やチームメイトと毎日一生懸命働くつもりだ。みんなの歓迎には感謝したい」と喜びのコメントを残している。
 
 アーセナルの意向で、急遽、希望したイタリア行きが流れたウィルシェア。出場機会に恵まれるであろうボーンマスで、かつての輝きは取り戻せるのだろうか。
 

最終更新:9/2(金) 19:12

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。