ここから本文です

スティング、ニューアルバムより第一弾シングルをお披露目

ローリングストーン日本版 9/2(金) 13:00配信

スティングの12枚目のソロ・アルバムは、新曲『アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー』でも分かるようにロック色の強いものだ。

スティング、約20年ぶりにロック・アルバムを制作:プリンスの死や気候変動からインスパイア

スティングがパワーあふれる最新シングル『アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー(原題:I Can’t Stop Thinking About You)』をお披露目した。殴りつけるような生音のエレキ・ギターと素早いスネア・ロール、そしてシンプルなボーカルによるサビで聞かせる1曲だ。この曲は、チェリーツリー/インタースコープ・レコードから11月11日にリリースされる、スティングの12枚目のソロ・アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』(原題:『57th & 9th』)からの第一弾となるものだ。

ポリスのフロントマンだったスティングは、ロサンゼルスのラジオ局、KROQで8月31日、スタジオ・バージョンをお披露目した後、この曲をライヴ演奏した。Stereogumによると、スティングは「"シンキング・アバウト・ユー"は真っ白なページを眺めながらクリエイティブなインスピレーションが降りてくるのを待つことから始まった」と語った。

スティングは、クラシック音楽(2006年の『ラビリンス』)、ホリデー・ミュージック(2009年の『ウィンターズ・ナイト』)、ソロ時代の曲のシンフォニー・ヴァージョン(2010年の『シンフォニシティ』)、ケルティック・フォーク(2013年の『ザ・ラスト・シップ』)に手を出した後、『ニューヨーク9番街57丁目』でロック・サウンドに回帰した。

このアルバムのタイトルは、スティングが毎日スタジオへ通う際に横断するニューヨークの交差点の名前にちなんで付けられた。彼は、ツアー・メンバーのヴィニー・カリウタ(ドラムス)とドミニク・ミラー(ギター)、そしてテクスメクス・バンド、ザ・ラスト・バンドレーロスのジェリー・フエンテスとディエゴ・ナヴァイラら、少人数のコラボレーターたちと、このアルバムのレコーディングを行った。スティングは、毎日、何の材料も持たずにセッションに現れ、即興で作曲を行った。「全部お金がかかることだから、緊張感が増すのさ」と彼は話す。

「ほとんどの曲は衝動的な感じで作ったもので、1、2テイクでできたものなんだ。彼がこんなにロックになったのは、アルバム『シンクロニシティー』以来だと思う」と、このアルバムのプロデュースを手がけたキールセンバウムは語っている。

1/2ページ

最終更新:9/2(金) 13:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。