ここから本文です

とある日本人庭師が100年前に築いた 心を癒すブルックリンのオアシス

CREA WEB 9/2(金) 12:01配信

Magnificent View #1067ブルックリン植物園(アメリカ)

 和の情緒あふれる日本的な風景が見られるのは、ニューヨークの街中。広大な敷地に約1万種類もの植物が茂るブルックリン植物園の中にある日本庭園だ。

 庭園は、中央にある大きな池の周りに築山や滝、東屋、太鼓橋、灯篭などを配した回遊式。池の中には厳島神社に似せた朱塗りの鳥居もある。

 正式名称は「日本式築山林泉庭園」。1915年に造園されたもので、アメリカで一般公開された最初の日本庭園でもある。

 設計を手がけたのは庭師の塩田武雄。日本で生まれ育った彼は新天地を求めて26歳で単身渡米。日本庭園を造ることがブームだったアメリカで実力を発揮し、この広大な日本庭園の仕事を任されたという。

 すばらしい庭園が完成したものの、第二次世界大戦が始まると塩田は日系人収容所に収容され、1943年に没する。この日本庭園も、高まる反日感情のあおりで破壊され、一時は閉鎖を余儀なくされたこともあった。

 現在は、にぎやかな大都会のオアシス的な存在に。疲れた心を癒してくれるスポットとして、市民に愛されている。

芹澤和美

最終更新:9/2(金) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。