ここから本文です

中山美穂、竜星涼との濃厚“足絡み”場面を振り返る!

Smartザテレビジョン 9/3(土) 5:00配信

WOWOWプライムで放送中の愛憎劇「連続ドラマW 賢者の愛」(毎週土曜夜10:00-11:00)で、主演を務める中山美穂がドラマ撮影秘話や、見どころを語った。

【写真を見る】真由子(中山美穂)と直巳(竜星涼)が“初めて”を迎える日のワンシーン。二人の美しさに思わずウットリ

本ドラマは山田詠美の小説を原作に、主人公の女性・高中真由子(中山)が、初恋の人と親友の間に生まれた息子・澤村直巳(竜星涼)を、20年の歳月をかけて“自分好みの男”に調教していく復讐(ふくしゅう)を描いた物語。

第1話から、初恋の人・澤村諒一(田辺誠一)を奪った親友・澤村百合(高岡早紀)との緊迫感あふれるやりとりや、真由子と直巳の濃厚なラブシーンが話題となっている本作。

ドラマに関するさまざまな疑問を中山にぶつけてみた。

――今回の役は「やりたかった役」だと聞きました。

20年もの間、復讐心を持ち続ける真由子のキャラクターを演じてみたかったのですが、それ以上に山田詠美さんの原作はぜひやりたいと思っていました。オファーをいただいた時は、ちゅうちょなく「やります」と即答しました。

――20代の真由子を演じたシーンはいかがでしたか?

とにかくギャグにならないよう(笑)、現在(40代)の真由子よりテンションを高くして、あとはスタッフさんのお力を借りながら、撮影しました。違和感なく見てもらえたらいいなと思います。

――劇中で真由子が着用している衣装や、海沿いの実家もとてもステキですね。

真由子の実家は高い天井が気に入っています。衣装のチョイスは、監督たちに委ねていました。クランクイン前は、まだ「真由子をどう演じよう」と悩むところもあったのですが、衣装合わせで、真由子がまとう服を見たときに「自分の演じる真由子が決まった」という感覚になれました。

――第1話、百合(高岡)と諒一(田辺)の目を盗んでダイニングテーブルの下で、直巳(竜星)と足を絡ませる大胆なシーンに世の女性はかなりドキドキしたと思います。

ドキドキしましたか?(笑) あの時の撮影は難なくスムーズに進みました。姿勢がつらかった、ということもなかったと記憶しています(笑)。

――撮影時の裏話を教えてください。

竜星君はとにかくフレッシュでした。いまやれることを出し切ろうとぶつかってくる姿勢に、私も「その感覚を忘れてはいけないな」と刺激になりました。

また、田辺さんは、初めてお話したときが、私がおにぎりを食べた後だったんです。「何を食べていたんですか?」「おにぎりですか、具は何ですか?」「炊き込みご飯かー! へえ~」と声を掛けられて、(その雰囲気に)その会話に田辺さんという人間が見えました(笑)。

――9月3日(土)に放送される3話以降の見どころを教えてください。

これまで以上に、ハラハラドキドキの展開が待っていて、一瞬でも見逃せません。ぜひ楽しんでいただきたいです!

※「連続ドラマW 賢者の愛」は、毎週土曜夜10時からWOWOWプライムで放送中。 また、9月9日(金)夜0時より、1~3話を最終話直前に一挙放送する。

最終更新:9/5(月) 12:44

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。