ここから本文です

記念日の「メモリアルギフト」彼女が嬉しいのは?

R25 9/3(土) 7:00配信

誕生日や付き合いだして●年目などの記念日には、彼女にとって忘れられない特別なプレゼントをしたいもの。2人の思い出にからめた「メモリアルギフト」では、どんなものが女子からの人気が高いのだろう? 20~30代の独身女性200人にアンケートを行い、14種類の「メモリアルプレゼント」の中から、彼氏からもらったら嬉しいものを選んでもらった。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈彼氏から記念日にもらったら嬉しい「メモリアルプレゼント」TOP10〉
(上位3位まで選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計)

1位 手紙 250pt
2位 思い出アルバム 166pt
3位 記念年のワイン 108pt
4位 記念日の刻まれたペアグラス 99pt
5位 思い出の料理をふるまう 96pt
6位 手作りのアクセサリー 69pt
7位 思い出ムービー 62pt
8位 思い出フォトフレーム 52pt
9位 思い出の曲を集めたCD 46pt
10位 イラストや写真が印刷されたお菓子 35pt

最も人気を集めたのは【手紙】。「付き合って5年目、記念日を覚えることが苦手な彼がその日にデートをして、帰りに手紙をくれたこと(が嬉しかった)」(28歳)といったコメントが寄せられたように、日頃なかなか聞けない感謝や愛のメッセージを求めている女子は少なくない。

さらに、「これまで実際に彼氏からもらったことがあるメモリアルプレゼントの中で、一番嬉しかったのはどんなもの?」と聞いてみると、ランキングの項目以外にも、様々なメモリアルプレゼントにまつわるエピソードが挙げられた。

■「モノより思い出」な感動体験
【旅行やホテル】
「行きたかった場所への旅行がうれしかった」(32歳)
「沖縄旅行をプレゼントしてくれた」(37歳)
「サプライズでホテルのスイートルーム」(35歳)

【レストランでの食事】
「誕生日に好きなケーキ屋さんで特注の2段ホールケーキを用意してくれた」(35歳)
「付き合って1年目に、高級フレンチの食事をプレゼントしてくれた」(32歳)

手元にモノが残らなくても、非日常の体験はそれだけで立派なメモリアルプレゼント。楽しい経験や美味しい料理のプレゼントは、あげる側の彼氏も楽しめるメリットもありそう。

■定番プレゼント
【花束】
「100日記念日に、空港で花束を持って待っていてくれた」(24歳)
「付き合って1年記念でピンクの花束をもらった。真中に目立つピンクの薔薇が1本あり、『1年だから薔薇は1本ね』と」(31歳)
「付き合って7年記念日に、ホテルのごはんと部屋をとっていてくれて、部屋に入ったら枕元に7本の薔薇が置いていた」(31歳)

【ぬいぐるみ】
「UFOキャッチャーに入っていたかわいいドラえもんのぬいぐるみを欲しいと言っていたら、後日取ってきて私にプレゼントしてくれた」(37歳)
「2年記念のプレゼントで写真を入れられるミニーちゃんのぬいぐるみにツーショットが入ってて、写真の裏にこっそり『これからもよろしくね』と書いてあった」(30歳)

日頃なかなかプレゼントする機会の無い【花束】は、特別な日にピッタリ。花の種類や本数などで工夫すれば、メモリアル感もバッチリ演出できる。また、少々子供っぽい印象のある【ぬいぐるみ】も、サプライズ感を上乗せすれば喜ばれることも。そして、最強のメモリアルプレゼントといえば…。

【プロポーズ】
「付き合って5年の記念日にプロポーズと指輪を貰ったこと」(35歳)
「誕生日プレゼントにエンゲージリング」(30歳)
「付き合って3年記念で婚姻届をもらった」(27歳)

記念日をより一層特別な日にする彼女へのプレゼントといえば、【プロポーズ】以上のものはないのでは? 指輪を準備しなくても、婚姻届や言葉だけでも忘れられないメモリアルプレゼントになること間違いナシ!

このほか、「好きそうな映画やドラマの入った500GBのUSB」(25歳)、「手作りのプラモデル」(28歳)などの一風変わったメモリアルプレゼントが、今までで一番嬉しかったという女子も。

次の記念日に彼女に何をプレゼントしたらいいか悩んでいる…という人は、彼女を過ごしてきた日々をじっくり振り返り、2人らしい特別なプレゼントを探してみてはいかがだろうか?

(有栖川匠)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/21(水) 21:15

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。