ここから本文です

二の腕、背中、太もも裏!3大肌荒れパーツのケア方法

R25 9/3(土) 7:00配信

肌の露出が増え、冬には気づかなかった部分の肌荒れが気になったものの、夏の間に解消できなかった…と思っている人は多いのでは? とくに二の腕、背中、脚は露出した途端「ほかの人はこんなところにプツプツはなさそうだけど、私だけ?」と気になる箇所。美容皮膚科・ウォブクリニック中目黒の高瀬聡子先生によると「二の腕と背中、そして太ももの裏側は、肌荒れで悩む人の多い箇所ですが、それぞれ原因が異なります」とのこと。二の腕のプツプツは肥満や栄養不足が原因という噂もありますが、実際はどうなのでしょうか!? まずはその原因を教えてください!

「二の腕のポツポツとした肌荒れは『毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)』という疾患です。遺伝によるそもそもの体質もあると言われていますが、角質が溜まって毛穴に詰まることで起こる角質肥厚が主な原因。また、ビタミンA不足も原因のひとつです。内側からの根本的な対策としては、ビタミンAやβカロテン(体内でビタミンAに変換される)を含む食材の摂取を。ビタミンAはレバーや卵などに、カロテンはにんじんやトマトなどに含まれています。そのうえで、外側からは角質ケアをおこないましょう。尿素入りのクリーム、サルチル酸の入ったワセリンや軟膏、AHAの配合されたピーリング用の石けんなどを使い、日常的にケアをしてください」

栄養不足が原因というのはあながちウソではないようですが、改善には角質ケアも必須のようです。二の腕の疾患で相談に来る人は、10代前半から50代までと幅広いそう! では、背中のプツプツにはどんな原因が?

「二の腕とは異なり、背中のプツプツはニキビです。背中は、顔のTゾーンと同様で、ある程度まで年齢を重ねても、皮脂分泌量の下がらないパーツ。そのため、顔同様にきちんとケアをしないと、吹出物ができやすい箇所なのです。そのため、背中ニキビができたときは、顔と同じような角質ケアが必要です。具体的にはまずピーリングで余分な角質を取り除き、そこで失った皮脂を補うために保湿します。ボディ用の乳液やクリームで問題ありませんが、顔用のニキビ治療薬を塗ってケアしている方もいますよ」

なお、手が届きにくい箇所なので、ボディソープの洗い残しが原因のこともあるそうです。では最後に、太ももの裏側にプツプツがある原因は?

「お尻の下、太ももの裏側にできるポツポツは『毛嚢炎(もうのうえん)』という疾病です。毛根の周りに細菌が入ることで起こる炎症で、座ることで摩擦が起こるために炎症が悪化しやすいのが特徴です。これも二の腕同様に、ピーリングによる角質ケアとクリームでのケアが必要です。赤く炎症が起きた場合は、抗炎症作用のクリームを使用してください。皮膚科やクリニックで処方できます。また、デスクワークが長い方ほど治りにくいので、悪化していなくても普段から丁寧にケアをするようにしましょう」

クリニックに来院する患者さんの多くが「二の腕、背中、太ももの裏側の肌荒れは治らないもの」と諦めている人が多いそう。でも「きちんとケアをすれば、改善は見込めますが、継続的なケアをしないとすぐに戻ってしまうので、日々のお手入れを習慣化してくださいね」と高瀬先生。まだまだ暑い時期は続きます…気になる人は、今のうちにお手入れ習慣を身につけましょう!
(富永明子)

(R25編集部)
(L25編集部)
「L25」とは?
働く女性たちの話題のネタになるトレンドや気になることを、あくまでも女性視点で編集しています。

最終更新:9/3(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。