ここから本文です

6m大鍋と大型重機で1度に3万食!芋煮フェス開催

東京ウォーカー 2016/9/3(土) 8:00配信

食に関する祭りやイベントなどでは、1度に大量を作る企画が催されることもある。大きさにこだわって日本一、世界一の○○作りに挑戦と題されることも多い。2016年9月、山形県でもそんな企画が実施される。

調理している人と比べてもいかに大きいか分かる鍋

企画したのは日本一の芋煮会フェスティバル協議会。名前のとおり郷土料理でもある芋煮を振舞うイベントで、2016年は28回目を数える。9月18日の開催日には直径6Mもの大きな鍋を用いて、1回に3万食もの量を作るのだ。メインとなる里芋も3トン用意するなど、家庭で作るのとは桁違い。調理を大型重機で行うなど、見学するだけでも面白そうだ。

また「日本一の芋煮会フェスティバル」では、通称JAF山形の子ども向けの企画として、交通安全クイズに回答すると免許証が交付される。生年月日と顔写真入りという凝った作りだ。

さらにJAF会員であれば、芋煮が食べられる整理券が交付される。発券所で会員証を提示するだけで、芋煮が1杯もらえるのだ。見るだけではなく味わうこともでき、さまざまな企画が用意されている「日本一の芋煮会フェスティバル」、スケジュールを空けてみては? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:2016/9/3(土) 8:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

人気温泉地の新しい歩き方。
日帰り&1泊で週末トリップ♪
スパ銭 最新ガイド
神ラーメン本気で旨い店25軒