ここから本文です

「真田丸」イケメン武将・木村重成役は白石隼也!

Smartザテレビジョン 9/3(土) 14:00配信

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で、白石隼也が木村重成役で出演することが分かった。

【写真を見る】「真田丸」9月4日(日)放送では真田家が敵味方に分かれる“犬伏の別れ”が描かれる!

木村重成は、豊臣秀頼の小姓として幼少から仕えた武将。背が高く色白、気品を称えた美丈夫で、物腰も柔らかく声を荒げることがない…などの記述が文献に残ることから、“大坂城屈指のイケメン武将”ともいわれる。物語のクライマックス“大坂の陣”を主人公・信繁(堺雅人)と戦うキーパーソンだ。

そんな重成役に決まったのは、大河ドラマ初出演となる白石隼也。'07年の「第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準優勝を飾り、'08年にデビュー。'12年には「仮面ライダーウィザード」で主人公・操真晴人/仮面ライダーウィザード役を演じたことでも知られている。

美しい若武者は、信繁や後藤又兵衛(哀川翔)ら歴戦の兵たちと力を合わせて戦いながら成長していく。三谷幸喜が彼の戦いぶりをどのように描くか、楽しみにしていてほしい。

最終更新:9/3(土) 14:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。