ここから本文です

“こち亀”40年の歴史に幕!秋本治「両さんらしい」

Smartザテレビジョン 9/3(土) 20:51配信

国民的漫画・アニメの一つ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、「週刊少年ジャンプ」42号(9月17日発売)をもって連載終了となることが発表された。'76年の連載開始から一度の休載もなく、読者に愛されてきた「こち亀」が40年の歴史に幕を下ろす。

【写真を見る】数々の金字塔を打ち立てた「こち亀」

東京・神田明神にて執り行われた「連載40周年記念完全描きおろし絵巻奉納式」。式典に出席した作者・秋本治から思いもよらぬ報告となった。

■秋本治コメント

びっくりさせて申し訳ないです。きょう、こんなめでたい席で終わっちゃうのは寂しいかもしれないけど、本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が40年続くってことはまずあり得ないですよね。

やっぱり、少年誌は読んでくれる方がどんどん変わるし、ましてや週刊の方はいろんな新しいのを入れながら動くってのが少年誌の王道なので。

そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当にうれしいことなんです。ましてや200冊まで出してくれたっていう、集英社と週刊少年ジャンプ編集部に作家としては本当にどれだけ頭を下げても足りないぐらいです。200巻は作家にとって、勲章みたいなものですね。

両さんはお祭りが大好きなんですね。で、200巻ということで、区切れの200でやめるのが一番こう、ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときにスッと消える感じがやっぱり両さんらしいし、そしたらこれしかないなということで。

もちろん編集長とかはできるだけ描いてくださいというのもありましたけど、やっぱり両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらってスッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いましてそれで決めました。

これ本当に作家冥利(みょうり)に尽きる話で、もちろんいつまでもずっと描きたい気持ちはもちろんあるし、『こち亀』のネタはまだまだたくさんあります。

でもやっぱり両さんはこれで一区切りつけて、機会があれば時々遊びに行くぐらいはいいかなと思ってます。

最終更新:9/3(土) 20:51

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集