ここから本文です

心機一転を図るバロテッリ、今季の抱負を語る「代表チームに戻りたい」

フットボールチャンネル 9/3(土) 0:00配信

 今夏にフランス・リーグアンのニースへ移籍した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、今季の抱負を語った。2日にイタリアの『カルチョメルカート.com』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 これまで様々なクラブで期待を裏切って来たバロテッリは、心機一転を図るためにニースへ移籍。サポーターによってすでに練習初日から熱狂的に迎え入れられた同選手は、記者会見で今後の抱負を語った。

 バロテッリは、まずニースを選んだ理由について「サッカー的にみて、ここでプレーすることがオレにとってベストな選択だよ。ここには素敵なプロジェクトがある」と開口。

 そして、「たくさんオファーを受け取ったけれど、イタリアに戻ることは一度も考えなかったし、今は絶対に戻りたくない」とセリエAへの復帰が選択肢になかったことを明かしている。

 また、「ここは居心地が良いね。まるで家族のような素敵な若いグループがある」と続けると、「代表チームに戻りたい。最近のオレには召集される価値がなかった」とイタリア代表へ戻ることを目標に掲げた。

 入れ違いのような形でマンチェスター・ユナイテッドに移籍して行ったFWズラタン・イブラヒモビッチとの比較について尋ねられると、「彼はパリでプレーしていたね。オレはニースでプレーする。だからオレたちは比べられない」と返答。

 最後に、「オレたちはヨーロッパリーグでの優勝をも目指したい」と今季のクラブ目標を語っている。

 新たな地で心機一転を図ろうとしているバロテッリ。果たして今度こそはクラブやサポーターの期待に応えることができるだろうか。今後のバロテッリの活躍に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/3(土) 9:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。