ここから本文です

【釜本邦茂コラム】審判どうこう言う前に完璧に相手を潰せば問題なかったんだよ!

SOCCER DIGEST Web 9/3(土) 16:24配信

狙いが明確だったのはUAE。日本にはゴールを奪い切る形がない。それじゃあ怖くないよ!

 ロシアへの出場権を懸けたアジア最終予選が開幕。9月1日のUAE戦は逆転負けを喫した日本代表だが、日本サッカー界の重鎮・釜本邦茂氏は今回の敗戦をどう見ているのだろうか。

【PHOTO】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

――◆――◆――

 ロシアワールドカップ出場への道のりは、先行き不透明なスタートになってしまったね。本田のゴールで先制しながらの逆転負け。選手たちの立場からすれば、「いったい俺たちはなんで負けたんだ?」って思いなのかもしれない。実力的には決して負けて良い相手ではなかったからね。

 ただ、結局今回の最大の敗因は、このチームにはまだまだ「点を取るための形」がないということにあると思っている。確かにチャンスは作れている。クロスバーを叩いた惜しいシュートもあった。判定によって認められなかったゴールもあったかもしれない。それでも、勝たなきゃいけない相手に対して、こうして競り合いに持ち込まれて、まんまと1点差で逃げ切られてしまった。結局のところ、日本には決定打というものが出なかったんだよ。

 じゃあ、どうすればその決定打を生み出せるのか。そこを突き詰めていかないと、問題は解決しないわな。

 チャンスは作った。でも決まらない――。これは準々決勝で敗れた前回のアジアカップの時と一緒だ。要するに、日本の攻撃というのは攻めているように見えるだけで、実はあまり相手の脅威になっていないんじゃないかな。ゴールを奪い切るだけの迫力というか、はっきりとした形がないんだ。それがないから、相手も日本の攻撃に怖さを感じない。

 日本はボールを持っている時間は長いけど、漠然とゴールのほうへ向かっているなあという感じ。横へ横へという感じでパスをつないでいく。これじゃゴール前を固める相手は怖くない。

 例えば、トップにタイミング良く縦パスを当てて、落としたボールを20メートルくらいの距離から狙うとか、そうやって真ん中でDFを食いつかせてからサイドに展開するとか、あるいは2列目以降の選手がDFの背後に勢いよく飛び出して行くとか、とにかく相手が怖がることをやっていなかったように思うよ。

 逆にUAEだって、そんなに攻撃のバリエーションを持っているわけじゃないんだけど、彼らは本気でゴールに向かってくる。それが怖いわけでしょ。だからペナルティエリア付近の際どいところでユニホームを引っ張ったり、足を引っ掛けたりしてFKやPKを与えてしまうんだ。やっているのは個の能力を生かした非常にシンプルなことなんだけど、狙いがはっきりしているから日本の攻撃より余程怖さがあったよ。

1/2ページ

最終更新:9/3(土) 16:24

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。