ここから本文です

モウリーニョに冷遇されるシュバイニーに光明? マンUのプレミア登録メンバー25人に入る

Football ZONE web 9/3(土) 7:10配信

戦力外状態から一転、出場機会を得られるか

 ジョゼ・モウリーニョ体制で戦力外となっていたマンチェスター・ユナイテッドの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、プレミアリーグの25人の登録メンバーに名を連ねている。英公共放送「BBC」が報じた。

英メディアも感嘆! 世界トップレベルで活躍する「35歳以上ベストイレブン」

 ドイツ代表から引退し、今季はクラブでの戦いに専念するシュバインシュタイガーだが、モウリーニョ監督からはリザーブ行きを命じられ、戦力外となっていた。この非情な扱いについては批判も集まったが、記者会見で「監督の決定。以上」と一切受けつけなかった。

 モウリーニョ体制で中盤センターのポジションは新加入のMFポール・ポグバをはじめ、MFマルアン・フェライニ、MFモルガン・シュナイデルラン、MFマイケル・キャリックと実力者が揃う。ポルトガル人指揮官は「2つのポジションに5人の選手がいる。出場機会を得るのはとても難しい」とシュバインシュタイガーの序列が低いことを明かしていた。

 現在も厳しい立場であることに変わりはないが、8月27日の第3節ハル・シティ戦(1-0)では新体制のキーマンであるフェライニが背中を負傷。クラブへの忠誠を誓ったばかりの元ドイツ代表キャプテンは、戦力外から一転、出場機会を手にすることはできるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/3(土) 7:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。