ここから本文です

スペースXのロケット爆発、Facebookの「ネット届ける夢」遠のく

WIRED.jp 9/3(土) 7:10配信

スペースXの最新ミッションに利用する予定のロケットが爆発した。搭載されていた、フェイスブックの存在感をアフリカにまで広げるための人工衛星も燃え尽きてしまった。

【動画を見る】スペースXのロケットが爆発する様子

この爆発は、9月1日朝(米国時間)、フロリダ州ケープカナヴェラル空軍基地でテストを行っている最中に発生した。

ケープカナヴェラル空軍基地の第45宇宙航空団が発表した声明によると、まだ名前が付けられていなかったこのロケットは、スペースXが点火のテストを行っていた午前9時7分に爆発した。

スペースXのリリースによると、上段(第2段)ロケットの酸素燃料タンク周辺で爆発が起こったという。イーロン・マスクCEOのツイートによれば、推進剤充填中に酸素タンク付近で発生した。だが死傷者はおらず、周囲に危険が及ぶこともなかったという。

ソーシャルメディアでは、米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターの隣にある発射場から黒い煙が上がっている写真がいくつか投稿されている(ツイートなどは、下記関連記事より)。

スペースX社の広報担当者フィリップ・ラーソンによれば、このロケットには人工衛星「AMOS-6」が積まれていたが、爆発によって破壊されてしまった。

AMOS-6は、イスラエルの通信会社スペースコム社が建造し、フランスの通信衛星企業Eutelsat社が運用していた。フェイスブックは、アフリカのサハラ以南の地域にまでインターネットアクセスを提供するために、この衛星の利用時間を購入していた。

『WIRED』US版はフェイスブックに対し、AMOS-6が重要な役割を担っていた同社のインターネット接続計画にとって、今回の爆発がどのような影響をもたらすのかについてコメントを求めたが、現時点で回答は得られていない。

ERIC NIILER

最終更新:9/3(土) 10:13

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。