ここから本文です

こんな上司はイヤだ。言い訳ばかりのハリル監督に見る日本の弱体化

webスポルティーバ 9/3(土) 18:10配信

 W杯アジア最終予選の初戦となるUAE戦。試合前からかなり悲観的な見方をしているつもりではいたが、実際の試合は想定していた悲観の範囲をも上回る、厳しい結果に終わった。

【写真】喜ぶUAEの横で憮然とする本田圭佑と酒井宏樹

 0-0か、1-1。割り切って守りを固めることのできるUAEに対し、日本が攻めあぐんだ結果の引き分けは、かなりの確率で起こりうると想像できた。

 あるいは、0-1。引き分けほど確率は高くないにしても、このくらいの悪い結果なら十分に予想の範囲内だった。

 しかし、開始11分という早い時間に、それもセットプレー(FK)から先制するという理想的な展開に持ち込みながら、逆転されて1-2で敗れるとは、ちょっと考えていなかった。

 しかも、UAEは最初から最後までベタ引きで、自陣の深い位置に砦を築いていたわけではない。逆転して以降は守備を固め、時間稼ぎをし、なりふり構わぬ逃げ切り策に入ったのは確かだが、それまでは至ってノーマルに日本と組み合っていた。

 つまり、UAEは奇策を用いたわけでも何でもなく、日本と“普通に戦い、普通に勝った“わけである。昨年のアジアカップ準々決勝で敗れた試合と比べても、印象はかなり悪い。明らかに両者の実力差が詰まっていることを示す負け方である。

 およそ1年にもわたる最終予選を戦ううえで、この事実は極めて大きい。

 日本はグループBにおいて絶対的な強者ではないことを、初戦にして図らずも証明してしまった。UAE以外の国に対しても「日本恐るるに足らず」の印象を与えたことは間違いない。

 日本は単に勝ち点3を落としたというだけではなく、早くも心理的アドバンテージを失ったのだ。

 確かに、レフェリーのジャッジという不可抗力がマイナスに働いた面はある。また、新シーズンが始まったばかりのヨーロッパ組は、まだ十分なコンディションになかったのも事実だろう。

 だが、この試合で起きたいくつかのミスジャッジは、アジアのレフェリーのレベルを考えれば、当然起こりうる範囲内のこと。カタール人レフェリーのスキルが低かったとは思うが、それは単に下手だったという話であって、UAEに肩入れしていたとは思わない。

 試合内容から考えても、1-2のスコアはそれほどアンフェアなものではなく、この敗戦を「不運」のひと言で片づけてしまえば、現状を見誤る。

 フィジカル・コンディションの話にしても、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は盛んに“言い訳“として持ち出していたが、それは今に始まったことではない。事前にわかっていたことであり、過去の予選でも同じ状況はあった。それでも日本は負けなかった。

 にもかかわらず、それを言い訳にすること自体、日本の弱体化を認めるようなものだ。

1/2ページ

最終更新:9/3(土) 18:10

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。