ここから本文です

韓国のサイバー戦事情に見る戦後日本の欠落

Wedge 9/3(土) 12:20配信

 ある日、銀行のATMから貯金が引き下ろせなくなり、国民がパニックに陥っているところに、空港に着陸しようとしていた航空機が墜落したとのニュース速報が流れてきた。その日夜に行われた政府の緊急会見では、あわせて政府機関から数万点の秘密文書が流出したと、官房長官が苦渋の表情で報告した。いったい、この国になにが起きたのだろうか。そういえば、あるEC企業が盗み出された数百万人分の顧客情報をネタに恐喝されたというニュースを数日前に見た気がするが……。

 これは決してifの物語ではない。隣国の韓国で実際に起こった北朝鮮によるサイバー攻撃を基にして、日本でも起こり得る事態を想像したものだ。先の伊勢志摩サミットや4年後の東京オリンピック・パラリンピックを前にして、政府は「テロ」の脅威と対策を喧伝しているが、多くの日本人にとって「テロ」とは、どこか遠い国の出来事というのが、実感ではないであろうか。

 しかし、日本はいま、「テロ」の脅威に直面しているのだ。だが、その「テロ」とは、トラックに爆弾を積み込んだ自爆テロではない。そう、「サイバー攻撃」という目に見えないが、国家と国民生活を直撃する「テロ」の脅威が、すでに現実のものとなっているといえる。

 本稿では、北朝鮮によるサイバー攻撃に喘ぐ韓国の対策を見ていくことで、そこから日本の現状ととるべく対策について考えていきたい。

情報機関と軍が主導する 韓国サイバーセキュリティ事情

 まずは、冒頭に書いた韓国の事例を見てみよう。2011年4月に韓国最大の銀行「農協」の電算システムのデータが破壊され、ATMやモバイル決済が一部停止し、2012年4月には仁川国際空港を離発着する航空機に対してGPS(全地球測位システム)の電波が妨害された。今年2月には韓国政府機関からF-15戦闘機の設計図など4万点以上が流出、7月には韓国ECサイト最大手の「インターパーク」から顧客情報1000万人分が盗み出され、情報流出を避けたければ約2億8000万円を支払えと恐喝されていたことが明るみになった。繰り返すが、これらサイバー攻撃は北朝鮮の国家機関により実行されたもので、北朝鮮はこの他にも数回にわたる大規模なサイバー攻撃を敢行している。

 北朝鮮でサイバー戦を担当する「偵察総局」などの機関については、既に多くの情報が出回っているため本稿では触れないが、サイバー戦と従来型のテロの違いは、ハッカー集団「アノニマス」などによるサイバー攻撃を除いて、基本的には国家と国家が対峙する「対称戦」であるということだ。これに対して、従来型のテロは非国家と国家が対峙するため「非対称戦」に区分される。つまり、サイバー攻撃とは、銃弾やミサイルが飛び交うことなく、宣戦布告もない国家間の「戦争」ともいえるのだ。

 そもそも韓国がサイバー攻撃を受け、その被害が国民生活全般に及ぶのは、同国の進んだインターネット事情が背景にある。韓国は1998年頃からIMF危機克服に向けて情報通信技術(ICT)を活用した国家基盤の構築を政府の最重要課題と位置づけ、電子政府基盤の確立、それを支える情報通信産業の育成で大きな成果を実現し、インターネット先進国と呼ばれるまでになった。それは同時に、ICTの社会基盤化とともに情報セキュリティ上のリスクを増大させた。

 このリスクが現実のものとなったのが、2003年の「1.25インターネット大乱」だ。Microsoft SQL Serverを狙ったワームの影響で、大規模なインターネット接続障害が発生し、オンラインサービスにも多大な影響を与えた。だが、韓国政府の対応は早かった。2004年はじめまでに国家次元でのサイバーセキュリティ強化を目的として、青瓦台(大統領官邸)に危機管理センターを置いたほか、国家・公共、国防、民間を担当する省庁の下に対応部署を設立した。

 具体的には、国家情報院長が国家サイバーセキュリティの政策・管理について統括し、その下に置かれる「国家サイバー安全センター」、国防部の「国防情報戦対応センター」、通信情報部の「韓国情報保護振興院」が、それぞれ国家・公共、国防、民間を担当し、これを警察が司法の面から支援する体制を構築した。

 つまり、韓国のサイバー攻撃対策を見る上で重要なのは、情報機関と軍が中心となっているということだ。これはサイバー戦が「対称戦」であることを考えれば、至極当然のことだろう。そして韓国軍は、軍の情報通信システムを防御する国防情報戦対応センターだけでなく、2010年にはサイバー空間における作戦を担当する千人規模の「国軍サイバー司令部」を新設した。韓国軍関係者によれば、同司令部の任務は北朝鮮のサイバー攻撃に対するカウンター、つまり、北朝鮮へのサイバー攻撃であるという。このように韓国のサイバー攻撃への最大の特徴は、軍が「盾」だけではなく「鉾」の機能を果たしているということだろう。

1/2ページ

最終更新:9/3(土) 12:20

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン

Wedgeの前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。