ここから本文です

トイ・プードルを飼う前に最低限知っておきたいこと

@DIME 9/3(土) 12:30配信

◆かわいいプードルを飼う上で気をつけたいこと

その見た目のかわいさと、被毛がモコモコで様々なスタイルが楽しめることで人気の犬種ランキングでは常に上位のトイ・プードル。

トイ・プードルは、全犬種の中でも2番目に頭が良い犬種といわれており、上手にしつけをすれば色々覚えてくれますし、人懐っこい性格の持ち主なので、誰とでもフレンドリーに接することが出来ます。

そんな人気犬種のトイ・プードルですが、飼うとなったら知っておかなくてはいけないこともあります。

例えば、トイ・プードルは被毛が抜けることが少ないため、日々のブラッシングを怠ると、毛が絡まって毛玉ができてしまいがち。トリミングサロンなどで毛玉を取り除く場合、有料になることがほとんどなので、定期的なホームケアが大切といえるでしょう。

また、トイ・プードルは「遺伝性疾患」を抱えている場合が多いと言われています。例えば、目の病気である白内障、緑内障、遺伝性の止血異常症のフォンウィルプランド病、重篤な発達障害や神経障害を起こすガングリオシドーシス、後ろ足が正常な位置から逸脱している状態のパテラなどがあります。

トイ・プードルに限った話ではないですが、かわいいだけで飼うのではなく、このような疾患なども十分理解したうえで決断しましょう。

文/大原絵理香

@DIME編集部

最終更新:9/3(土) 12:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。