ここから本文です

日本ハム・レアード”スシパワー”で3発、前夜のミス挽回。栗山監督「打てる選手なのだから、毎試合分散して」

ベースボールチャンネル 9/3(土) 23:40配信

初回6点の猛攻

 日本ハムは新人王候補の高梨裕稔、オリックスはディクソンが先発。試合開始直前に降った雨の影響で、20分遅れてプレーボール。

 日本ハムは初回、先頭の西川がショート内野安打で出塁すると、2番近藤は8球粘ってライト前安打でいきなり無死1、3塁のチャンスを作る。すると続く大谷がレフトへタイムリーを打って日本ハムが先制。さらなるチャンスに4番の中田が2球目のツーシームを右中間スタンドへ運ぶ23号3ラン。勢いは止まらない。一死後、陽がライトへの2塁打でチャンスを作ると、昨晩試合終盤にファールフライを落球し、失点のきっかけを与えてしまったレアードがライトスタンドへ名誉挽回の33号2ラン。この回、日本ハムは打者一巡の猛攻で、ディクソンからいきなり6点を奪う。

 初回から大量の援護点をもらった高梨だが、直後の1回裏、先頭の糸井はショートフライに打ち取ったものの、安達にセンター前安打、3番吉田正尚には四球。1死1、2塁のピンチでオリックス4番のT-岡田には3球目をライトスタンド上段へ運ばれ、3点を失った。

 3回、日本ハムは先頭の中田が四球を選ぶ。二死後、レアードがセンター前安打で二死1、3塁のチャンス。ここで8番の大野が4球目のナックルカーブをライトへうまく運び1点追加。
 5回には、4回から登板したオリックス塚原から先頭の中田と、続く田中賢介の連続安打。一死後、レアードが塚原の2球目のストレートを捉えると、打球はレフトスタンドへ。この日2本目となる34号3ランで、10-3と大量リードの展開に。

 2回以降立ち直った高梨は5回無死1、2塁のピンチを凌ぎ、6回に中島にソロホームランを打たれたが、7回を被安打5、4失点で降板となった。

 日本ハムは7回、6回から代わったオリックス八木から、サード内野安打で塁に出た陽を一塁に置いて、レアードがレフトスタンド中段へ35号2ラン。レアードはこの日7打点の荒稼ぎだった。

 日本ハムは高梨のあとを8回鍵谷、9回田中豊樹が無失点に抑えた。高梨は9勝目(2敗)。チームの勝利とともに、新人王に向けて大きな前進となった。

1/2ページ

最終更新:9/3(土) 23:40

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。