ここから本文です

最もエレガントなモーターショーと、最もエレガントな来場者

WIRED.jp 9/3(土) 20:10配信

自動車産業の中心地といえば、米国デトロイトやドイツ、さらに最近ではシリコンヴァレーかもしれないが、8月の1週間だけは、米国カリフォルニア州のモントレー半島に移る。そこでは、1週間にわたって高級車のイヴェント「モントレー・カー・ウィーク」が開催されるのだ。

【イヴェントの様子を見る全写真ギャラリーはこちら】最新のコンセプトカーも!

オークションが開催され、100台以上の素晴らしいクルマが合計1億ドル以上という高額で落札される。近くにあるサーキット「マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ」では、歴史的な名車のレースが行われ、地元の公園では「最も醜い車」を競うコンクールが開催される。

600ドルのチケットがあっという間に完売するという、限られた人だけが入場できるクラシックカーの展示会「クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」では、富裕層たちが無料のキャヴィアやシャンパンを楽しむ。高級車メーカーがポップアップショップや豪華なディナーで来場者の気をひきながら、将来の顧客を獲得しようと競い合う。

そして、ぜいたく三昧の総決算ともいえるメインイヴェントが「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」(下記関連記事)だ。ゴルフコースに200台のクルマがずらりと並び、静かだが激しい戦いを繰り広げる。200台が競うのは、歴史的な価値とそのエレガントさだ。

ただし、見どころはそれだけではない。来場者たちの連れている高級な犬、印象的な帽子、きらびやかな貴金属も楽しむことができる。冒頭のギャラリーで見てほしい。

ALEX DAVIES

最終更新:9/3(土) 20:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。