ここから本文です

テック界はヒラリーを支持する──寄付額から見る米大統領選

WIRED.jp 9/3(土) 23:30配信

グーグルは特に顕著だが、シリコンヴァレー全体がヒラリー・クリントンを支持しているように見える。米連邦選挙委員会が発表した最新しいデータは、テック企業の従業員がクリントン陣営に多額の寄付をしていることを示している。

【一目でわかる:各社の寄付ランキング】グーグルがトップ、フェイスブック、マイクロソフト、、など

グーグルの従業員は7月、クリントン陣営に17万4000ドルを寄付した。過去3カ月の寄付額は28万2000ドル超だ。連邦選挙委員会のルールでは、個人が1度の選挙で寄付できる金額は候補者ごとに2700ドルまでと定められている。つまり、グーグルの従業員のうち少なくとも65人が、7月にクリントン陣営への寄付を行った計算になる。クリントン陣営は7月だけで3,120万ドル、ドナルド・トランプ陣営は1960万ドルの寄付を集めている。

クリントン陣営は7月、マイクロソフト、アップル、フェイスブック、IBM、アマゾンからも多額の寄付を受けた。従業員による寄付額のトップ10を構成するのは、グーグルを含む6つのテック企業のほか、米国政府、ハーヴァード大学、スタンフォード大学、医療関連企業Centeneだ。

さらにクリントン陣営は、エンターテインメント業界からも強い支持を得ている。ジェニファー・ローレンス、トム・クルーズ、ウィル・スミスといったトップスターの代理人を務めるクリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)の従業員は5月、クリントン陣営にとって最大の資金源だった。CAAの従業員は過去3カ月で10万ドル以上を寄付している。

一方、従業員がトランプ陣営に最も多く寄付した企業は、不動産会社のデラニー・ディヴェロップメント、モルガン・スタンレー、デロイト、アメリカン航空のほか、カリフォルニア州ビスタにある業務用潜水器具メーカーやカリフォルニア州ギルロイのニンニク栽培業者などだ。

マイクロソフトの従業員は、テック企業では最も多い4,400ドルをトランプ陣営に寄付している(ただし、クリントン陣営への寄付額はその10倍に上る)。

グーグルの従業員は、トランプ陣営に合わせて250ドルしか寄付していない。リバタリアン党の候補者ゲーリー・ジョンソンに2725ドル、緑の党のジル・スタインに3546ドルを寄付しているにもかかわらずだ。

なお、『WIRED』などを発行するコンデナストの従業員(米国)は7月、クリントン陣営に2331ドルを寄付した。トランプ陣営に寄付した従業員はいない。

JOANNA PEARLSTEIN

最終更新:9/3(土) 23:30

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ