ここから本文です

マンUに早くも来夏ビッグネーム補強の噂が浮上! ルーニーの後継者として狙うのは…

Football ZONE web 9/3(土) 12:14配信

グリーズマン獲得に照準と英紙報じる

 マンチェスター・ユナイテッドに早くも来季に向けた大型補強の噂が浮上している。英紙「ザ・サン」は、ユナイテッドが2017年夏に、現主将のイングランド代表FWウェイン・ルーニーに代わる前線の柱としてアトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン獲得に照準を定めたと報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 今夏、フランス代表MFポール・ポグバをフットボール史上最高額となる8900万ポンド(約120億円)で獲得したほか、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチやアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンを獲得。ルイス・ファン・ハール前監督時代から、3シーズン連続で大型補強を継続している。

 そして、早くも来年の動きについて驚きのプランが浮上している。今年31歳になるベテランFWルーニーにいずれ取って代わる選手として、フランスで開催された今夏の欧州選手権で大会MVPと得点王をダブル受賞したグリーズマンの獲得に動くという。

 今季加入から4試合4得点と好調のイブラヒモビッチも、今年35歳を迎える。いまだ健在だが、2年、3年先を見据えれば彼らの後継者の確保は必須となる。ユナイテッドには20歳のフランス代表FWアンソニー・マルシアルや18歳のイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードといった逸材はいるものの、すぐさまレギュラーとして通用するワールドクラスのタレントを求めているため、アトレチコでエースを張る25歳のレフティーに白羽の矢を立てたようだ。

 今夏の移籍市場は閉幕したばかりだが、“赤い悪魔”はすでに1年後の補強にも目を向けているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/3(土) 12:14

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。