ここから本文です

「日本戦のことは忘れる」  “UAEのヒーロー”ハリルは2得点の活躍に浮かれず、夢を赤裸々告白

Football ZONE web 9/3(土) 13:00配信

「W杯の夢はまだ遠い」と、ハリルは次節オーストラリア戦に向けて集中

 UAE代表FWアーメド・ハリルは、9月1日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本戦で2ゴールと活躍し、2-1の勝利に大きく貢献した。同国のヒーローとなったストライカーは、決して浮かれた素振りを見せず、「日本戦のことは忘れる」と次なるオーストラリア戦に焦点を定めている。UAE紙「ガルフニュース」が報じた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ハリルは日本戦の前半20分にFKを直接叩き込んで同点ゴールを奪うと、後半8分のPKではボールをふわりと浮かす“パネンカ”を決めた。15年1月のアジアカップ準決勝に続き、再び日本を撃破する原動力となったハリルだが、今回の勝利をよそに次戦に向けて集中力を高めている。

「W杯予選を突破しようと思ったら、僕らは日本戦のことを忘れ、オーストラリア戦に集中する必要がある。だから(勝利を)祝福するつもりなはない。勝ち点3を獲得したのは過去のこと。オーストラリア戦では、ファンがスタジアムを埋め尽くしてくれることを願うよ」

 グループBで戦うUAEは、日本やオーストラリアといったW杯常連国と同居。日本撃破の立役者となったストライカーは、日本戦をすでに「過去のこと」と次なるオーストラリア戦に意識を向ける。オーストラリアは初戦でイラクを2-0で下し、現在グループ首位に立つ。UAEにとって、ホームでの一戦で勝利すれば“夢の実現”に一歩前進する形だ。

 ハリルは「ベストを尽くすと約束するが、W杯の夢はまだ遠い。でも僕らは自分たちの実力に自信を持っている」と、W杯出場に向けて並々ならぬ思いを語った。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/3(土) 13:00

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。