ここから本文です

ネイマールにとばっちり! SNSの“偽アカウント”が女性に猥褻動画を送らせる恐喝事件が発生

Football ZONE web 9/3(土) 13:50配信

ネイマールの友人のプロカメラマンと称して…

 ブラジル代表FWネイマール(バルセロナ)は、リオデジャネイロ五輪金メダル獲得に続き、現地時間9月1日のロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選でもゴールを決めるなど好調をキープする。そんななか、SNS上の“ネイマールなりすましアカウント”が女性にエロ動画を送らせて恐喝する事件が発生したと、スペイン紙「AS」が伝えている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ネイマールはW杯予選・敵地のエクアドル戦の後半27分、FWガブリエル・ジェズスが倒されて得たPKを冷静に決め、先制点を叩き込んだ。2-0とした終了間際には、正確なパスでジェズスのゴールをアシストし、3-0の勝利に大きく貢献した。

 リオ五輪決勝でも直接FK弾、そしてPK戦では金メダルを確定させる一撃を突き刺すなど、セレソンのエースぶりを見せつけているが、本人とは関係ないところで思わぬ“騒動”が起きている。

 同紙によると、ネイマールの“偽アカウント”は女性ファンを標的にしていた。ネイマールの友人のプロカメラマンと称して、まずはSNSを通じて「スペインでネイマールに会える」と持ちかける。そうして甘い誘惑でその気にさせると、今度はネイマールに会う条件として、女性のわいせつな動画を送るように伝えたという。

ブラジル警察が偽アカウントの運営者を逮捕

 その後、わいせつ動画を手に入れた容疑者は「ネット上に拡散する」と女性を脅迫し、金銭を要求したという。これを受けてブラジル警察は捜査を開始。偽アカウントの運営者の逮捕に至った。

 所属するバルサでは「MSNトリオ」(メッシ、スアレス、ネイマール)でゴールを量産し、自国初の五輪金メダルに貢献したネイマールの株は上昇の一途だが、思わぬところで”とばっちり”を受ける形となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/3(土) 13:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。