ここから本文です

ジダンよ、見たか! ハメスがW杯南米予選で大活躍し、元コロンビア代表の「黒ヒョウ」も評価

Football ZONE web 9/3(土) 14:30配信

“コロンビアの英雄”アスプリージャが、ハメスのゴールにいち早く反応

 レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、9月1日のワールドカップ(W杯)南米予選・ベネズエラ戦で1ゴール・1アシストと活躍し、2-0で勝利した一戦の主役となった。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 コロンビア北部ブランキージャで行われた一戦でハメスが主役となった。前半アディショナルタイムに、アーセナルGKオスピナからのロングボールをサンプドリアFWムリエルがヘディングで経由。ACミランFWバッカが突進し、DFを引き付けながら右サイドのハメスにパスを出すと、背番号10は右足を一閃。シュートはゴール右隅に突き刺さった。

 貴重な先制点に満面の笑みのハメスはコーナーフラッグに頭をつけて、踊り出すなど狂喜を爆発させていた。

 このゴールにいち早く反応したのは、現役時代にパルマなどで活躍し、「黒ヒョウ」の異名を取った元コロンビア代表FWファウスティーノ・アスプリージャ氏。ツイッターで「ジダンに捧げるハメス・ロドリゲスのゴーーーーーーール」とメッセージを発信している。

 レアルで栄光の背番号10を託される才能豊かなハメスだが、所属クラブでは昨季からスタメンの座を失っている。ラファエル・ベニテス前監督の信頼を失い、現体制下でもパトカーとの時速200キロのカーチェイス事件やパーティ三昧による体重オーバーなどの問題から、ジダン監督に移籍を勧められていたとスペインメディアが報じている。昨季のUEFAチャンピオンズリーグ決勝のアトレチコ・マドリード戦でもベンチを温め続け、結局、出番は訪れなかった。

ハメスはペレス会長のお気に入りだが…

 今季も20歳のスペイン代表MFマルコ・アセンシオの台頭もあり、開幕2試合連続で途中出場に止まる。フロレンティーノ・ペレス会長のお気に入りであるハメスは最終的に残留したが、アーセナル、チェルシー、ユベントスなどへの移籍話が浮上していた。

 出場機会を失ったハメス擁護に、アスプリージャ氏は積極的だった。スペインラジオ局「オンダ・セロ」で「もしもハメスが自分のクオリティを示せないとすれば、監督が彼を信頼しないせいだ」と断言していた。

 後半36分にはMFトーレスの追加点も絶妙なクロスでアシストするなど、ベネズエラ相手に実力を見せたハメス。レジェンドの援護射撃を受けて、レアルで復権を果たせるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/3(土) 14:30

Football ZONE web