ここから本文です

辛口批評で有名なスコールズがモウリーニョの手腕を褒めちぎる 「前の監督たちはリスクを犯した」

Football ZONE web 9/3(土) 16:05配信

今季の補強を手放しで称賛し、チームに大きな変化が訪れたと分析

 元マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ氏は、デイビッド・モイーズ元監督(現サンダーランド監督)やルイス・ファン・ハール前監督時代の補強策に首をかしげた一方、今季就任のジョゼ・モウリーニョ監督が獲得した選手たちについては絶賛している。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じた。

英紙が「マンU史上最悪の獲得選手20人」を発表 そこに香川の名前は?

 ユナイテッドは今夏の移籍市場にて、フットボール史上最高額となる8900万ポンド(約120億円)でフランス代表MFポール・ポグバを獲得したのを筆頭に、FWズラタン・イブラヒモビッチ、MFヘンリク・ムヒタリアン、DFエリック・バイリーと各セクションに実力者を加えた。

 スコールズ氏は今季の補強を手放しで称賛しているが、過去3シーズンは新たに獲得した選手が上手く機能していなかったと苦言を呈した。また、モウリーニョ新監督の就任により、チームに大きな変化が訪れたと分析する。

「彼(モウリーニョ監督)はクオリティーの高い選手を連れてきた。大きな違いだ。前の監督たちは、何人かの選手起用でリスクを犯した。上手くいく可能性はあったが、機能しなかった。しかし、彼は準備の整った選手を連れてきた。プレミアリーグで戦う準備のできている選手が必要だったんだ。モウリーニョはリスクを犯す時ではない」

スコールズ「今季は上手くいっている」

 現役時代に司令塔としてチームの舵をとった男は、ポルトガル人指揮官の影響力を褒めちぎる。スコールズ氏は引退後に解説者として活躍するが、特にファン・ハール前監督時代には守備的なサッカースタイルを公然と批判するなど、古巣の戦いぶりに何度も注文をつけていた。しかし、モウリーニョ監督と経験豊富な実力者たちの加入で、ようやくチームがあるべき姿に戻れたと感じているようだ。

「イブラヒモビッチはどこにいてもリーグ優勝を勝ち取ってきた。ポグバは過去3シーズンでチャンピオンズリーグ優勝に近づいた。彼らは毎年リーグタイトルを獲得してきた。私が言っているのは、勝利のメンタリティーだ。モウリーニョはリスクを犯す余裕はないが、彼らのような選手を起用することはリスクにならない。彼らは勝者だ。今季、先発している選手たちは上手くいっているし、チームは自信を持っている。ポグバやイブラのようなビッグネームの補強は、チーム(の戦力)を大きく引き上げてくれる」

 12-13シーズンを最後にリーグタイトルから遠ざかるユナイテッド。モウリーニョ監督と実績ある選手によって勝者のメンタリティーを注入したチームは、4季ぶりのリーグ優勝を掴み取ることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/3(土) 16:05

Football ZONE web