ここから本文です

フィールド選手が「背番号1」の世界的珍事 米メディアもオランダ代表MFのレアケースを特集

Football ZONE web 9/3(土) 17:45配信

キエーボ加入のMFデ・グズマンが、クラブ公式ツイッターで「背番号1を選んだ」と発表

 セリエAのキエーボで、フットボール界の通例を破る珍事が起きた。ナポリからオランダ代表MFジョナサン・デ・グズマンが今季加入したが、キエーボは公式ツイッターでこう発表している。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

「デ・グズマンが自己紹介 “僕はセリエAでジャッロ・ブルー(黄色と青の意味でキエーボの愛称)で背番号1を選んだ”」

 移籍の記者会見に出席したデ・グズマンは、ルカ・カンペデッリ会長と握手しながら満面の笑みで「背番号1」のユニフォームを掲げていた。サッカー界において背番号1は、通常ゴールキーパーが着けるもので、キエーボでも今季ペスカーラに移籍したGKアルバノ・ビサーリがこれまで着用していた。フィールドプレイヤーの背番号1は、セリエAのみならず、世界的に異例の出来事と言える。

 カナダ育ちで、北米でも人気のあったMFの異例のケースに、米スポーツ専門テレビ局ESPNも「ジョナサン・デ・グズマンがキエーボで背番号1を着る」と特集したほどだ。

 フィリピン、カナダ、オランダの国籍を持つ異色のデ・グズマンは、2014年ワールドカップのオランダ代表で3位躍進に貢献した実績の持ち主。常識破りの背番号でプレーするだけに、観る者に大きなインパクトを与えそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/3(土) 17:45

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。