ここから本文です

「原宿の少年のようにクール」なPKを食らった日本 米メディア「UAEによる“パネンカ”の悪夢」

Football ZONE web 9/3(土) 20:20配信

UAE代表FWハリルのPKを「原宿の少年のようにクール」と米メディア

 ハリルジャパンは9月1日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選の初戦でUAE代表に1-2と敗れた。この試合で直接FKとPKで2ゴールを決めたFWアーメド・ハリルの活躍は世界中で話題となり、米メディアは「原宿の少年のようにクール」と報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 最終予選で無敗神話を誇った埼玉スタジアムで、日本代表を破ったUAEの主役、ハリルはその名を一気に高めたようだ。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は「日本にまたしてもUAEによるパネンカの悪夢」と特集。2得点の「背番号11」の活躍を取り上げている。

 ハリルは前半20分に直接FKで同点ゴール。「西川周作はもうちょっとどうにかできたが、洗練されたFKだった」と華麗な一撃を評価。そして後半のPKの場面では、オシャレなゴールシーンをこう評している。

「後半開始早々、アル・アリのストライカーは原宿近辺の少年たちのようにクールだった。日本のGK相手にチップキックでPKを決めた。それで勝負あり。いや、ほとんど勝負ありとなった」

屈辱的な技“パネンカ”を食らった日本

 ハリルの冷静なチップキックはそう絶賛された。前述の「パネンカ」とは、元チェコ代表MFアントニーン・パネンカが1976年の欧州選手権決勝のPK戦で決めたチップキックに由来する。2015年アジアカップ準々決勝のPK戦でも、日本はUAEの「背番号10」オマル・アブドルラフマンにこのパネンカをお見舞いされ、敗退していた。

 相手をあざ笑うような妙技パネンカを代表戦で連続成功させたUAEは勝利の余韻に浸る一方、屈辱的な技をまたしても食らう羽目になったハリルジャパンは「悪夢」と、海外メディアは評している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/3(土) 20:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。