ここから本文です

「バルサはシーズン半分をBチームで戦える」クロップ、リーガのレベルを揶揄

フットボールチャンネル 9/3(土) 22:00配信

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は、プレミアリーグのタフさを、リーガエスパニョーラを皮肉りながら述べている。3日、スペイン紙『マルカ』などが報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 プレミアリーグ2年目を迎えたクロップ監督。英国紙のインタビューで、同リーグのレベルについて問われると、「ここでは常にハードなんだ。リーガエスパニョーラとの本質的な違いは、例えばバルセロナは、リーグ戦の半分をBチームでも戦えてしまうというところだ」と述べ、「リオネル・メッシが4.3kmの走行距離で5点取ってしまうこともある。まるでリハビリトレーニングだ。プレミアリーグではこんな試合はまず起こり得ない」とスペインを皮肉りながら答える。

 ちなみに、そのバルセロナとは、今季のプレシーズンマッチでウェンブリーにおいて対戦し、4-0と勝利を収めているが、この時のことについて「本当のバルセロナではなかったね。ウェンブリーでのゲームだったが、彼らはロッカーからピッチへのトンネルで、あくびしたり、ストレッチしたり、周りを見ていたり。『お~、ここがウェンブリーか』という感じにね。我々が勝利したが、彼らが5ゴール決めることもできたのではないかな」と振り返っている。

 また、リバプール監督就任の経緯についても語り「難しい決断ではなかった。リバプールは私のバカンスを終わらせることのできる唯一のチームだったのだ」と述べ、「多くのオファーを受けていたが、このチームからのオファーが来るまで断っていた。チームのカラー、スタジアム、ファン。全てが信じがたく、このチームに恋していたんだ」とコメントした。

フットボールチャンネル

最終更新:9/3(土) 22:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。