ここから本文です

亡くなった人の遺伝子を樹木に保存? アートで問題提起する福原志保

Forbes JAPAN 9/3(土) 11:00配信

夢見た仕事とは、ちょっと違う世界に辿り着いた。福原志保が初めて欧州に渡ったのは、18歳のとき。いまやアートの最先端で活動する彼女が辿った道とは。



「今回のテーマはミッションです」。そんな言葉とともに、福原志保(40)に取材依頼をした、6月のある日のこと。福原から、こんなメールが返ってきた。

「私のミッションは、分野を越え、固定観念を崩し、過去と未来を繋げること」
 
過去と未来を繋げるとは、いったいどういうことなのか?

福原の肩書は「アーティスト」。バイオテクノロジー(生物工学)とアートをかけ合わせた作品を中心に、国内外のさまざまなプロジェクトを手がける。古くから福原を知る、IDEOの共同創業者のトム・ケリーは、こう評する。

「アートの分野での幅広い経験と、技術的な専門知識を結び合わせ、アートをさまざまな形に広げ、問題提起をしようとしている」

福原は、2004年に英国政府主催のビジネスコンペで最終審査に残り、「バイオプレゼンス」社を設立。コンペを通過した際のアイデアは「亡くなった人の遺伝子を樹木に入れ、DNAを継承する」というもの。この樹木が大きくなったら、どんな未来が生まれるのだろう。
 
福原は「おばあちゃんの遺伝子が入ったりんごを食べられますか?」と世に問いかけた。
 
初めからこの仕事を目指していたわけでは決してない。出発点は「映画」。いまや最先端の領域で活動する福原が、ミッションを見つける過程には何があったのか。話は高校時代にまで遡る。

自分のこだわりを俯瞰してみたら

9歳上の兄の影響で、福原は小学生の終わりを迎える頃から、映画にどっぷりとハマった。近所のレンタルビデオ店に通っては、自前の映画ノートに気になったことを書き留める日々。中学生の頃、特に好きだったのが、ゴダールの『アルファヴィル』やトリュフォーの『華氏451』。

「SF作品をよく観ていて。『スター・ウォーズ』も好きだけれど、それよりもっと社会的な作品が好きでした。パラレルワールドを描いたような作品に惹かれた」。映画をつくりたくて、つくりたくてしょうがないのに、どう行動したら良いのかわからない。

英語は超がつくほど苦手。中学2年生になっても、助動詞のcanとbe動詞の違いも分からない。さすがに危機感を抱いた両親は、福原に英語の家庭教師をつけることになる。この家庭教師が放った言葉が、福原の人生を動かす。「映画が好きなら、登場人物が言っていることが分かるようになったらいいんじゃない?」。

高校に入ると、放課後はほぼ毎日語学学校に足を運び、フランス語を叩き込んだ。

1/3ページ

最終更新:9/3(土) 11:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。