ここから本文です

【日本代表】J屈指のCB森重も国際舞台では…。本田の忠告どおり海外に出るべきか?

SOCCER DIGEST Web 9/3(土) 19:50配信

「良くも悪くも今の環境に慣れてしまっている自分はいる」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-2 UAE/9月1日/埼玉スタジアム
 
 本田はUAE戦後、改めてJリーガーの海外行きを訴えた。

【W杯最終予選PHOTO】日本 1-2 UAE|本田の先制ゴールも痛恨の逆転負け…


 
「Jリーグの選手がもっと海外に出て行く。何度も言ってますけど、それが(勝負強さなどを身に付けるための)必要なアプローチ。こうコメントすると、いつもJリーグを批判していると言われるんですけど、サッカーの質が違うんでね。別にJリーグの質が悪いというわけじゃなくて、まったく別の質なんですよね。別の質に慣れるということをしないといけない。国際大会では別の質と戦うのでね」
 
 確かに、国際大会はJリーグとは別の質だろう。例えば、Jリーグで屈指のCBと言われる森重もブラジル・ワールドカップのコートジボワール戦では失点に絡むなど、脆さを露呈した。今回のUAE戦でも、相手に球際で負けたり“Jリーグではあまり見られない光景”を目の当たりにした。
 
 では、森重本人はJリーグと国際舞台にいわゆるギャップを感じているのか。ワールドカップ・アジア最終予選の前に訊いた以下の質問──「Jリーグの試合では森重選手が1対1の局面で圧倒しています。世界を体感するという意味では、やはり海外移籍が有効手段なのでは?」──からは、森重のスタンスが見えてくるだろう。
 
「良くも悪くも今の環境に慣れてしまっている自分はいます。代表活動で覚えた危機感も、時間が経つにつれて薄れていく。Jリーグという環境でしか考えられなくなってしまうところがあるので、そうした甘さは排除すべきだと思います。
 
海外移籍については北京五輪を戦った頃(08年)から言われていますし、チャンスがあればもちろんチャレンジしたい。でも、タイミングなどいろんなものが噛み合わないと成立しないので……。多少なりとも難しい部分はあります」
 
 森重の葛藤が垣間見える回答でもあるだろう。

最終更新:9/3(土) 19:50

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。