ここから本文です

ルワンダの発展に力を貸すアメリカの深謀遠慮

JBpress 9/3(土) 6:00配信

 ルワンダ南部の町ブタレ近郊にある虐殺記念館には、おびただしい数の虐殺被害者の骨とミイラが安置されていた。安置所に一歩足を踏み入れると、石膏の乾いたにおいの中に、饐(す)えた時間のにおいが混ざっている。

 ブタレ・首都キガリにある2つの虐殺記念館は、違和感ばかりだった。

 展示は加害者側の民族とされるフツ族の非難に終始していて(確かに虐殺には加害者/被害者がいるのだが)、その背景に関する歴史的記述は予想外に少なかった。ルワンダがベルギーの植民地だった時代の民族関係や、結局何がこの虐殺を引き起こしたのかといったことについては、あまり言及されていなかった。

 どうやら、展示には立場があるようだった。フツ族を支援していたフランスは当然激しく非難されていたが、アメリカの不介入についての言及は薄く、ざっくりと国際連合の失態というような形でまとめられていた。

 よく見ると、入場無料の記念館入り口には透明の募金箱が置かれていて、床はピカピカに磨かれて白く光っている。維持にはかなりお金がかかっていると見える。と思ったら、この記念館の設立者はイギリス・アメリカ系のトラストであった。

 何か目に見えない力が働いているような気がした。

■ 水面下に存在する民族間の壁

 ルワンダはいまやアフリカの中の先進国だ。首都キガリの中心部はアフリカの他のどの都市よりもすっきりと整備されている。

 アフリカではお馴染みのバイクタクシー3人乗り4人乗りも、キガリでは「法令で禁止」されているらしく見かけなかったし、バイクに乗る客にはヘルメット着用が義務付けられていた。新しいビルがにょきにょきと生えていて、スマホを持つ人もよく見かけた。IT立国をうたっているだけあって、インターネットもわりと通じた(私が訪れたのが2013年だったので、今ではもっと通じているに違いない)。そして何よりもここは、他のアフリカの諸都市よりも格段に、静かだった。

 私はルワンダに行くことを伝えた友人の多くから「大丈夫?」と心配の声をかけられた。「内戦あったよね?」「虐殺とか・・・もう復興してるの? 危なくない?」 虐殺とかは、もう20年も前のことだ。危なくはない。むしろ治安はアフリカトップクラスに良い。それでも、その場所についたイメージはなかなか消えない。

 悪名高いルワンダ虐殺が起こったのは1994年の4月から7月。単純化すると、当時政権を握っていた多数派のフツ族が、少数派のツチ族を虐殺したという事件で、被害者数は3カ月で50万人とも100万人とも言われている。

 ルワンダは、独立前は、少数派のツチ族が多数派のフツ族を支配していた。独立後は支配が逆転し(フツ族が支配民族になった)、民族対立はツチ族への弾圧という形に変わった。弾圧がエスカレートする中で、1994年、フツ族大統領の暗殺をきっかけに3か月間の虐殺と、それに伴う一連の紛争が起こった。

 凄惨な虐殺を前にして、アメリカをはじめとする国際社会は介入を躊躇した。その中で、今のルワンダ大統領ポール・カガメ将軍が亡命先のウガンダから戻って、混乱を収める。

 それから20年が経ち、カガメ将軍は大統領となって、開発独裁でルワンダを一気に豊かにした。ルワ ンダの成長の背景には、ルワンダ虐殺を止められなかった罪滅ぼしに開発援助を注ぎ込む欧米マネーもあるし、世界各地から戻ってきた亡命ルワンダ人の活躍も あるが、カガメ大統領の治世に負う部分は大きいと言われる。

 さらに、カガメ大統領は紛争後、「フツ族・ツチ族」という呼称を廃止している(同じ民族構成の隣国ブルンジが、2005年に定めた憲法で、ツチ/フツの民族構成に応じて政治ポストの構成割合を決めたのとは対照的だ)。公式な民族の別はなくなり、表面上は、民族は融和して平和に暮らしているように見える。

 ただ、今も水面下では、民族の別は存在しているようだ。政府の上層部、警察や司法の要職はツチ族が占めているというのは公然の事実であるようだし、在住外国人たちからは、言論統制の緊張感も聞く。「ツチ族政権」を批判することはできないのだとか。

1/2ページ

最終更新:9/3(土) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。