ここから本文です

新作映画で人気漫才師を演じ 「M-1グランプリ」にも出場中の森岡龍

CREA WEB 9/3(土) 12:01配信

『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作が、8年ぶりに手がけた監督・脚本作『エミアビのはじまりとはじまり』。相方を事故で失った漫才師・実道を演じた森岡龍が映画愛について語る。

高校時代に、すでに「M-1グランプリ」出場

――自身で自主映画を監督し、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)でも入選されている森岡さんですが、幼い頃の夢はやはり映画監督だったのでしょうか。

 小学校のときに「めちゃイケ」や「爆笑オンエアバトル」といったお笑い番組が好きだったこともあり、漫才師になりたいと思ってました。中学では同級生とコンビを組んで、文化祭で漫才を発表しましたし、高校生のときには「M-1グランプリ」に毎年チャレンジしていました。高2のとき、一度だけ2回戦に進出できましたが、やはり壁は厚かったです(笑)。

――ちなみに、映画に興味を持ち始めたのはいつぐらいでしょうか。

 映画は中学生のときから好きでした。特にリアルタイムで観た窪塚洋介さんの『GO』や宮﨑あおいさんの作品、あとは北野武さんや岩井俊二さんの作品など。それで漠然と映画の道に進みたいとも思うようになりました。それで15歳のとき、今の事務所(Breath)は映画製作もしているので、「ここに入れば、映画に関するものをいろいろ学べるんじゃないか」と思い、自分から履歴書を送りました。それで、すぐに事務所から「『茶の味』という映画のオーディションがあるから受けてみないか?」と連絡があったんです。

――いきなり、オーディションを受けることに関して抵抗はなかったんでしょうか。

 さっき言ったように、漫才をやっていたので、度胸だけはあって、オーディションでも漫談みたいなことをしました。それを石井克人監督が面白がってくれて、合格させてくれたんだと思います。石井監督の撮影現場は自由度が高くて、とにかく楽しかったです。完成した映画を観たときは感動しましたね。そこから役者を目指すというより、なんでもいいから映画に携わりたい!  という気持ちが強まりました。

1/3ページ

最終更新:9/3(土) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか