ここから本文です

下心バレバレな誘い文句2位「部屋に夜景見に来ない?」

R25 9/4(日) 7:00配信

「ヤラせて」。単純かつ明朗なこの一言がすぐに出てくる人はごく少数。(普通は)その前段階となる「付き合って」の言葉すら、なかなか言い出せないのが男心なわけで。ええ、男心=下心とされても構いませんとも。つきましては遠回しに“そこ”に持ち込むべく策を弄することになるわけですが…。

そこで登場するのが、定番ともいえる「誘いのフレーズ」。女性はどんなものにより「下心アリ」の匂いを感じるのでしょう。20~30代の独身社会人女性200人に聞いてみました。

〈下心があると感じる「誘いフレーズ」ランキング〉
(全13項目から上位2位まで選択。1位2pt、2位1ptとして集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)

1位 (デートの誘いで)「うちでDVD観ない?」 179pt
2位 「部屋からの夜景がきれいだから見にこない?」 143pt
3位 (女性の家の近所で)「トイレだけ借りていい?」 87pt
4位 「家にペットを見にこない?」 44pt
5位 (デートの帰りに)「車で送っていくよ」 32pt
6位 (デートの帰りに)「家の前まで送っていくよ」 25pt
7位 (一緒に写真を撮った後に)「写真送るから連絡先教えて」 24pt
8位 「携帯が見当たらないから電話してくれない?」 18pt
9位 「料理を作るから食べにこない?」 17pt
10位 「男ひとりじゃ行きにくい店があるので付き合ってくれない?」 16pt

※番外
11位 「お礼におごらせてください」 6pt
11位 「お土産を渡したいので会いませんか?」 6pt
13位 「家の近所に美味しいレストランがあるから行ってみない?」 2pt

つまるところ、どちらかの家に上がることが前提となっているものが「下心アリ認定」されがちなのだと推察されますが、さて実際は? 次に、それぞれの項目を選んだ理由、実際にあったシチュエーションも見ていきましょう。

【1位 (デートの誘いで)「うちでDVD観ない?」】
「家に誘うことは下心があると感じる。実際、DVDを見に行った時、途中で映像を見なくなっていたことがあった」(24歳)
「DVDを観るということは2~3時間は最低でも、向こうの家に滞在することになるので、泊まることに自然となりそうだから」(27歳)
「実際に言われて家に行ったら、体を触られた」(27歳)
「ベタすぎるし、気持ち悪い。あわよくばという気が見える」(30歳)
「部屋で二人っきり=セックスするというイメージがあるから」(25歳)

【2位 「部屋からの夜景がきれいだから見にこない?」】
「女性は夜景が好きという考えと、部屋に入れたいという下心が見えてしまうから」(24歳)
「夜景じゃなくて、普通にご飯に誘ってくれればいいのに、と思う。わざわざ『夜景』というあたり、狙っている感じが強い」(30歳)
「夜景を一緒に見ようとしている時点でいやらしいのに、さらに自分の部屋で見ようと言ってるなんて、下心があるとしか思えない」(29歳)

【3位 (女性の家の近所で)「トイレだけ借りていい?」】
「『だけ』を強調している点があやしい」(36歳)
「トイレならコンビニでも借りられるのにわざわざ家に来るっていうのが嘘みえみえ」(28歳)
「そう思ったがフェイントで帰っていった」(34歳)

【4位 「家にペットを見にこない?」】
「ペットという可愛くて誰にでも愛される存在を使って、そうすれば女は来やすくなり釣られると思っているのが見え見えだから」(25歳)
「ペットを見るなら他の場所でも見られそうだから」(28歳)

【5位 (デートの帰りに)「車で送っていくよ」】
「あわよくば家にあがろうとしていると思ってしまうので」(37歳)
「気があるから送ってくれるのかなって思った」(30歳)

【6位 (デートの帰りに)「家の前まで送っていくよ」】
「家まで送って行ったら、なんとかして家に入ろうとすると思うから」(25歳)

【7位 (一緒に写真を撮った後に)「写真送るから連絡先教えて」】
「お願いもしていないのに言われたから」(29歳)

【8位 「携帯が見当たらないから電話してくれない?」】
「言われたことはないが、一番不快に感じたから選んだ」(27歳)

【9位 「料理を作るから食べにこない?」】
「わざわざ作るというのが、わざとらしい」(35歳)

【10位 「男ひとりじゃ行きにくい店があるので付き合ってくれない?」】 
「男友達でも良いのではないかと思うから」(27歳)

女性の“下心センサー”はかなりの高感度。なかなか辛らつなコメントも上がっています。しかし言わせていただくと、男性だって下心が全くバレてないとも思っていません(よね?)。むしろ下心を感じ取っていただき、いざという場面で「そんなつもりじゃなかった」なんてことこそ避けて欲しかったり…。げに難しきは恋愛ゲームなり。
(のび@びた)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/27(火) 22:03

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。