ここから本文です

味噌かつ、どて煮、天むすが進化 驚きの名古屋グルメ3選

NEWS ポストセブン 9/4(日) 16:00配信

 味噌かつ、どて煮、天むすなど、名古屋には独特なグルメ文化が存在するが、近年ではそれらをさらに発展されたメニューが登場している。進化を遂げた驚きのご当地グルメを紹介しよう。

【どてスパ】
 麺の上にかかっているのは、自家製の名古屋名物どて煮。店主の柴田良子さんが、昔レストランで食べた味噌味のパスタに衝撃を受けて忘れられず、自分の店でも出したいと思い、研究の末に完成したという。どて煮は柔らかく、とろけるような食感。脂を取り除いているので、意外としつこくない。麺の下のトロトロの卵焼きも赤味噌と相性が良い。

「喫茶・食事 亀」
名古屋市名東区名東本通5-13

【揚げ天むすのあんかけ】
 食材にこだわった居酒屋の店主がお酒の〆用に考案。ごはんはどて煮の味噌で味付けし、海老天の衣にしょうが汁を加えてさっぱりさせた。鰹だしの餡が味噌の風味と衣の香ばしさを引き立てる。

「旬鮮台所 ひのゑ」
名古屋市中区栄4-15-23

【豚むす】
 味噌かつをごはんと海苔で巻いた、天むすならぬ「豚むす」。10年前に店の賄いで出したところ、従業員にウケてメニュー化。昭和37年の創業時から変わらぬレシピで仕上げた味噌ダレを使用。

「広小路キッチンマツヤ」
名古屋市中区錦1-20-22

取材・撮影/永谷正樹

※週刊ポスト2016年9月9日号

最終更新:9/4(日) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。