ここから本文です

La PomPon、九十九里浜でファンらと“想い出”作り

Smartザテレビジョン 9/4(日) 19:08配信

平均年齢16歳の六本木発6人組ガールズグループ・La PomPonが、9月7日(水)に「想い出の九十九里浜/恋のB・G・M ~イマハ、カタオモイ~」をリリース。

【写真を見る】LPPメンバーと地元の人たちで作った「九十九」の人文字はこちら!

リリースを目前に控え、La PomPonが、9月4日に「La PomPonと九十九里浜で想い出作り!!feat.VIBES CUP」を千葉・九十九里の片貝海岸にて実施した。

「想い出の九十九里浜」は、彼女たちの所属事務所・ビーイングの大先輩であるMi-Keが'91年にリリースし、「第33回日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞した大ヒット曲のカバーソング。25年の時を経て、この伝説の曲がLa PomPonによって新たによみがえる。

同曲のタイトルにちなみ“九十九里浜海岸”で、地元の撮影協力のもと、MUSIC VIDEOを撮影したLa PomPon。その縁もあって、今年の夏はLa PomPonにとって“第二のホームタウン”となった「九十九里浜」に恩返しをするべく、九十九里浜で開催のサーフィン大会「VIBES CUP」が実施するビーチクリーンに参加した。

さらに、今回の開催イベントであるサーフィン大会を決勝戦まで観戦した後、興奮冷めやらぬ中「VIBES CUP」の表彰式にて新曲の「想い出の九十九里浜」を九十九里浜海岸にて披露した。

そして、シングル発売直前の日曜日ということもあり、この夏を一緒に駆け抜けたファンや、九十九里の地元民と“「九十九里浜」で「想い出」を作りたい!”ということで、みんなで協力して「九十九」の人文字を作り、その模様をShort Music Videoにして思い出を共有するイベントが企画された。

片貝海岸の駐車場には、La PomPonの今回の新曲「想い出の九十九里浜/恋のB・G・M ~イマハ、カタオモイ~」のビジュアルでパッケージされたアドトラックが停車。片貝海岸に訪れたファンたちの撮影スポットになり、写真に残る思い出作りに花を添えた。

そして、会場に集まった一同で作り上げた「九十九」の人文字の上空を、La PomPonの“想い出の九十九里浜”のMVと同じようなシチュエーションで、九十九里浜海岸一帯をドローンにて撮影し、その模様をShort Music Videoとして収録。

ライブ中、リーダーのYUKINOは「最高の夏の思い出になりました!」と語っていたが、天気予報では雨の予報にもかかわらず晴天に恵まれるという“晴れ女”La PomPonの力もあって、最高のサーフィン大会となった。

La PomPonメンバーとファン、九十九里の人たちが作り上げたこの夏最高の“想い出に残る九十九里浜”。

イベントに参加した人はもちろん、遠方で成功を祈念していた人やこのニュースを読んだ人、そして書いた人にまでも(?)、La PomPonが最高の夏の思い出をプレゼントしてくれた…のかもしれない。

最終更新:9/4(日) 19:11

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。