ここから本文です

キャサリン妃とセルフィーを撮った建設作業員が話題に

ハーパーズ バザー・オンライン 9/4(日) 15:02配信

2016年9月1日(木)イギリス・コーンウォールのNansledanを訪れたウィリアム王子とキャサリン妃。218ヘクタールこの開発地区は、将来オフィスや家を建てる予定で、この日も多くの作業員たちが2人出迎えた。

【写真】キャサリン妃の論争を巻き起こした22の炎上ファッション

そこでキャッチされたのが、キャサリン妃が作業員の一人を見て笑っている姿。実際に交わされた会話はわからないが、一人の作業員が2人とセルフィーを撮っている様子がわかる。その後、作業員のサム・ウェインが2人と撮ったセルフィーをFacebookにシェアしている。

さらに驚いたことに、彼は2年前にチャールズ皇太子とも至近距離のセルフィーを撮影していたのだ。

彼は一躍話題になり、英国ではSun紙やDaily Mail紙も取り上げている。

最終更新:9/4(日) 15:02

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。