ここから本文です

個人型確定拠出年金 金融機関の手数料、品揃えを徹底比較

マネーポストWEB 9/4(日) 11:00配信

 老後の年金が手薄な層だけの「特権」だった個人型確定拠出年金(以下個人型DC)が、2017年1月からほぼすべての現役世代に開放される。老後はもちろん、現役時代から税制優遇を受けられる有利な制度だが、加入を検討する人が注意しなければならないのが金融機関選びだ。

 個人型DCは公的年金と異なり、自分自身で金融機関と金融商品を選んで運用する。選ぶ金融機関によって投資できる投資信託のラインナップが大きく異なるので、投資したい商品がある金融機関を選ぶことが絶対条件となる。

 指数に連動するインデックス投資信託の場合、連動する指数が同じなら運用成績も同じになるが、保有中に差し引かれる信託報酬というコストは大きく異なることがあるので注意が必要だ。また、専用口座を管理する手数料も金融機関によって差が生じている。

 これらのコストは一つひとつではわずかな差に見えるが、個人型DCは年金だけに運用期間が非常に長い。たとえば、運用資産が300万円の場合、信託報酬が0.1%違えば1年で3000円の差が出ることになる。これが30年続けば、その差は9万円に達する。実際には複利運用されるので、実質的な差はもっと広がる可能性もある。コスト面はシビアに比較すべきだ。

 信用金庫や信用組合まで含めると200近い金融機関が対応しているが、全国どこからでも加入しやすい主な金融機関7社(SBI証券、スルガ銀行、野村証券、みずほ銀行、楽天証券、りそな銀行、ゆうりょ銀行)を比較してみた(いずれも9月1日時点のもの)。

口座管理手数料の「3強」

 まず、加入するときの手数料は、多くの金融機関が2777円となっているが、SBI証券は少し上乗せされた3858円だ。とはいえ、これは1回限りの支払いなので、それほど重視する必要はないかもしれない。
 
 毎月積み立てる拠出金から差し引かれる口座管理手数料では、最も安いのがスルガ銀行で、運用資産の額にかかわらず年間2004円だ。SBI証券では残高が50万円以上であれば同じ2004円。楽天証券も20万円以上なら2004円になる。口座管理手数料ではこの3社が「3強」となる。
 
 ただし、残高条件がある場合は、条件を満たすまでにどれぐらいの期間がかかるかを検討する必要がある。拠出金の上限が毎月6万8000円と高額な自営業者が上限を拠出するなら、SBI証券でも8か月で最安水準に達するので誤差程度の認識でも問題なさそうだが、上限が1万2000円の公務員なら3年半ほどもかかる。SBI証券の場合、残高が50万円に達するまでは年額5892円となるので注意が必要だ。

 楽天証券なら最安水準になる残高の条件が20万円とハードルが低い上、2017年12月末までは残高に関わらず2004円の最安水準となるキャンペーンを実施中だ。運用ラインナップで納得するならなるべく早く加入して、2018年までに20万円の水準に近づけておくとおトクになる。

 ちなみに、口座管理手数料は拠出額に関係なく一定であるため、手数料のインパクトは拠出額が小さいほど大きくなることにも注意したい。たとえば、年額6000円の手数料は月に6万8000円を拠出する自営業者にとっては0.7%程度だが、1万2000円の公務員にとっては4%に達するので、そのインパクトは大きくなる。

 運用本数が最も多いのは49本のSBI証券で、りそな銀行とスルガ銀行の33本が続く。とはいえ、本数は多ければいいというものではない。実際、SBI証券では信託報酬で競争力のある商品を後から追加していったために、同じ指数に連動するのに信託報酬が大きく異なるインデックス投信が何本もあって、必ずしも選びやすいとはいえない。

 日本、先進国、新興国それぞれの株式と債券、さらに日本のREIT(不動産投資信託)とグローバルREITと主要な資産クラスがすべて揃っているのは、SBI証券、スルガ銀行、野村証券、楽天証券、りそな銀行だ。中でもSBI証券とスルガ銀行は、それぞれの資産クラスにアクティブ投信とインデックス投信がほぼそろっており、バラエティ豊かだ。

1/2ページ

最終更新:9/4(日) 11:00

マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。