ここから本文です

「別居婚する」で大げんか…蜷川幸雄さんと妻の”出会い”

女性自身 9/4(日) 6:00配信

「団地の玄関の表札は『蜷川天才』でした。そうやって自分で枠を作って頑張るの、あの人」

 演出家の故・蜷川幸雄さん(享年80)の妻であり、写真家・蜷川実花さん(43)の母、蜷川宏子さん(75)は、“あの日のまま”という幸雄さんの書斎で、そう語った。“世界のNINAGAWA”の急逝から100日。初めて明かす2人の出会い--。

 宏子さんにはもう一つの名前がある。’66年に蜷川幸雄さんと結婚したときは「真山知子」という芸名で女優をしていた。当時の幸雄さんはまだ俳優で収入は妻の半分。一家の大黒柱は宏子さんだった。

 ’62年に真山知子の名前で『劇団青俳』に入団。そこに俳優・蜷川幸雄がいた。ピリピリしていて近寄りがたい存在だったが、すぐに共演の機会がやってきた。

「初舞台の『逆光線ゲーム』で兄妹の役でした。親しくなったのは、名古屋行きの新幹線で隣の席になったとき。まず私が出発時間ギリギリで駆け込んだら『遅いじゃないか』と怒鳴られました。当時はベトナム戦争が本格化していたころで、彼はその背景や世界状況をわかりやすく説明してくれました。『ただの気難しい人じゃなかった。人間として上質』と尊敬の気持ちに変わっていきました」

 しかし当時は、どちらにも交際相手がいた。

「秋に2人で日光に行ったとき、枯れ葉が風に舞っていたの。その風景に胸が震えるぐらい感動して、私から『結婚しよう』と言っちゃった。仲人は劇団の先輩・木村功さん夫妻にお願いしました。ただ、蜷川がサルトルとボーヴォワールみたいな『別居結婚をしよう』と言いだしたときは大喧嘩になりましたが」

 2人の“ラブストーリー”はここから二転三転する。元彼がストーカーになったのだ。

「デートから帰ると電信柱の陰に立っていたり、局の控室にいたり。それでほだされてしまうのが私。よりを戻しちゃった。訳わかんない」

 さらに1年後、偶然に宏子さんが幸雄さんと出くわして、またまた恋が再燃する。

「図々しくも、彼に日光に連れて行ってもらったんです。そうしたら、また感動的に落ち葉が風に舞っていた。もう運命ですよね。それで今度こそ結婚しようということに」

 ’66年5月、東京・椿山荘での結婚式の仲人は、当然木村さんには頼めず、俳優の岡田英次さん夫妻にお願いした。新婚旅行は軽井沢。新居は蜷川さんの地元・埼玉県川口市内の2Kの公団住宅だった。

「さすがテイラーの息子。針道具をパッと出して千鳥掛けを教えてくれたりする。私、家事は何にもできなかったから、お茶ッ葉の量から何からすべてあの人に教わったの」

最終更新:9/4(日) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。