ここから本文です

リオ五輪【銅メダル】 松本 薫選手の甘酸っぱい気持ち

MEN’S+ 9/4(日) 15:36配信

リオ五輪、今振り返る涙のメダリストLIST【銅編】 第7章

2016年8月8日(月) 柔道女子57kg超級 松本 薫選手

 初戦となる2回戦でコートジボアールのツォルモン・アディナサンブーをハイジンハロールか らの崩上四方固で有効をとった後に横四方固で破ると、準々決勝でパヴィアとGSを含めて8分近い激闘の末、袖釣込腰の技ありで破った。しかし、準決勝では 世界ランキング1位であるモンゴルのドルジスレンに開始早々の背負投で一本負けを喫してオリンピック2連覇はならなかった。3位決定戦では台湾の連を小内 刈の有効で破って銅メダルは確保した。 
 
 試合後のインタビューでは、「うれしいのと悔しいのと。甘酸っぱい気持ちです」と語る一方で、「腹の中は煮えくりか えってますよ」。また、試合後にはオリンピックの60kg級で3連覇を達成した野村忠宏と会話を交わしたという。「野村さんに『悔しいです』と言ったら、『いや~俺、銅獲ったことないから 分かんねえや』と言われました。そうだ、この人天才だったんだと思った」

【リオ五輪の銅メダリストの選手たち一覧画像!】

メンズ・プラス編集部

最終更新:9/4(日) 15:36

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。